2008年05月01日

やっぱビショップは女だよねって話

 ベガス2では主人公の性別を選択することが出来て、キャンペーンでのセリフの声もきちんと男女それぞれ入っている。
 女主人公にすればハスキーがかった凛々しい声で部隊を指示できて、まるで"少佐"こと草薙素子にでもなった感が味わえる。これはおっさん声の男ビショップじゃ味わえんな。
 女が特殊部隊の教官という設定がリアルかどうかは知らないが、創作としては実にそそられるシチュエーションだわ。

 レインボーシックス・ベガスシリーズは二作かけて、事件の元凶であるガブリエルの裏切りを描いている。一作目ではその裏切りの理由はゲーム内で明かされず、消化不良感が漂ってたんだけど、二作目では「何故ガブリエルは裏切りに至ったのか」を部分的にだが描き、前作の補完になってるんじゃないかな。
 ガブリエルとの「決着」も含め、ベガスの物語をきっちり締めた点で2は立派に2の役目を果たしたと思う。

 そこでふと思ったんだが、ビショップとガブリエルの確執は、ビショップが"男"であるより"女"である方がよりうまく説明できるんじゃないかなって。

 ビショップはレインボーの教官だ。ローガンやガブリエルを始め、他の隊員もビショップの手ほどきを受けているらしい。
 ここにあるのは「教官と教え子」の関係だけど、隊を家族と見たら「母と子」の関係も見出せるんじゃないかなーって。ビショップが女性とすればね。

 ラストシーンでのガブリエルの独白は痛い。「あんたはいつも助ける助ける。でも助けてくれない」「いつも子供扱いだ」「俺より先にローガンを昇進させた」
 まるで悪いことを咎められた子供のよう。とてもラスベガスにテロを仕掛けた男のセリフとは思えない。

 ガブリエルのセリフの端々にはビショップへのコンプレックスが見え隠れしてて、彼がやりたかったのはただビショップの気を引くことだったんだなぁと思わせる。ビショップに対して挑戦的なセリフを繰り返すのもきっとそう。
 
 つまりこの物語は、長男(ローガン)ばかり溺愛する母親(ビショップ)に対する次男坊(ガブリエル)の嫉妬の物語として読み解けるんじゃないかなーと。テロリストハントの話が女々しい話になっちゃうけど。

 ガブリエルがどういう生い立ちなのか知らないが、女テロリストのイレーナと手を組んだのもそこに何らかの母性でも見ちゃったんじゃねーかなーとか妄想してみたり。
 
 また、アメリカ映画名物の「父と子」の関係ってのも考えられるかな。でも、あれは子供側の視点から「父親越え・和解」として描かれることの方が多い気がするので、ガブリエルが支離滅裂で破滅に至る理由としては違うかな、と。

 てなわけで、レインボーシックスベガス2を遊ぶときには是非女ビショップにしようぜ!って話。
 素子や南雲隊長、ザ・ボスが好きな人は是非是非。
posted by Ming at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム感想

2008年04月22日

メンテ

手持ちぶさた。
時差の存在を恨めしく思う。

アメリカ人は仕事から帰ったくらいにメンテ明けでわっほいなのになー。このへん360がアメリカ生まれでワールドワイド展開してる弊害だわ。

オフラインで実績解除に励もうっつても日付付かないしなーとか気にしすぎると全然何も出来ない。



マルチプレイってハードル高いんですかね。
日々オンライン対戦ばかりやってて、それがとても楽しいから、みんなにとっても楽しいはずだ、と思いこみすぎなのかな。

FPSのような対戦モノ、特に初心者、不慣れなモノに厳しいゲームが氾濫してるからなぁ。
どんなゲームでも、格ゲーでもFPSでも関係なく、初心者の頃は鴨られなくてはならないもんで、その中から少しずつ腕を上げていくのが楽しいんだろうけど、やっぱりウィークエンドの楽しみにするには廃人すぎるか?

かといって、初心者でもベテランでも勝率が同じになるような運重視のゲームが面白いとは決して思わない。

初めは耐えてもらう…ってのはわがままか。


もっとも最近はCOOPプレイ中心のゲームが増えてきたので、そっちメインでわいわいやればいいんだけどね。
マルチプレイは対戦ばかりじゃない。

オフ専はもったいない。
ベガスだってHaloだって、対戦じゃなくてCOOPにこそ面白さの真髄はあると思うぜ。
posted by Ming at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム感想

2008年02月25日

ユグドラ・ユニオン ザ・コンプリートガイド

電撃プレイステーションからPSP版ユグドラ・ユニオンの攻略本が発売されたと聞き、早速買ってきた。


ygyg.jpg

行きつけの書店で何故か攻略本のコーナーでなく画集のコーナーに置いてあったのはよくわかってるというべきか。
そのとおり「攻略」本として買ったわけじゃない。そもそもPSP版ユグドラはプレイしていないのだ。なら何故かというとユグドラ・ユニオンの資料集として、である。

GBA版の攻略本も持っているのだが、これが本当に攻略しか載ってない腐れ仕様で。しかも金取るくせにWiki以下の攻略っぷりであるところが憎らしい。ほとんどコレクターズアイテムだった。

それに比べてこのコンプリート・ガイドは良いものだ。表紙も描き下ろしだし。攻略以外のページが結構充実してる。

画集として十分。ゲーム中に見られるイラストは網羅されてるようだ。キャラクター、表情、カードイラスト。さらにキービジュアルや本邦初公開の沐浴画像もしっかり掲載。よくわかってるじゃないか。
特にこの本の中で注目したいのはアニメ用の設定画。ここにはわりと珍しい、というか初めてのキャラクターの全身画が載ってる。色指定やら衣装のギミック、小物についても詳細に描かれてる。ユグドラのスカートの中身とかもだ!

さらにスタッフインタビューも載ってるし、ユグドラファンなら是非買いの一冊だと思うね。攻略本としては期待するな。

イラスト満載なのでゲームファンだけでなくきゆづきファンにもオススメかと。もちろんゲームもやってね。
posted by Ming at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム感想

2008年02月22日

NINJA GAIDEN Black (Xbox/tecmo 2005)

ニンジャガイデン・ブラックとは
 ニンジャガイデン・ブラックは2005年にXboxで発売されたアクションゲームだ。その前年に発売されたニンジャガイデンにいくつかの追加要素を加え、バランスや配置を見直した完全版とのこと。


きっかけ
 NINJA GAIDENというタイトルを耳にしたのはちょうどXbox360を手にした頃だ。この新しいゲーム機でどんなゲームが出来るのか、を模索してる時期でもあった。Xbox360は360のソフトだけでなく旧Xboxのソフトもある程度は動く。したがって互換タイトルについても興味の目を向けていた。そこで折につけよく語られていたのがこのタイトルだった。
 興味はあったがXboxのタイトルは現在では店でも扱われていないことが多く、さらにこのブラックに至ってはプレミアまで付いているほどの希少さで、今日まで実物を手に取ることが出来なかった。
 そんな先日、Xbox Classicsにて本作品が配信開始となることを知り、即日購入した。

高い難易度
 本作品を有名にしている理由でもあり、そして俺が興味を引かれたきっかけでもある大きな特徴、それは「高い難易度」だ。
 たいていのアクションゲームにおいては一面や二面くらいは誰でもクリアできるように作られているものだが、本作品は一面から初心者お断りの様相を示している。何せ一面のボスがゲーム中屈指の難関と言われるほど強く設定されているのだから。
 さらに雑魚敵との戦闘ひとつでも気が抜けない。少し判断を誤れば瀕死にさせられるほどの戦闘力を雑魚が持っているのだ。
 このため気軽に爽快感を味わいたいという人には全く向かないゲームとなっている。

爽快感あふれるバトル
 主人公は手持ちの武器による攻撃(弱、強)と飛び道具による攻撃を行う。そして攻撃ボタン、ダッシュやジャンプとの組み合わせによって連続技を繰り出すことができる。技の種類はとても豊富で本作品のアクションを飽きさせない理由となっている。
 3D格闘ゲームさながらのコンボアクションを次々と敵に決めていくのは痛快だ。

連携すら取ってくる強い雑魚敵
 本作品において雑魚敵との戦闘はそれほど甘いものではない。ただ正面から適当に攻撃を繰り出すのならばまずガードされるし、こちらが隙を見せれば確実に攻撃してくる。こちらがガードを固めていればガード無効の掴み技を出してくる。さらに敵はたいがい複数で出現し、一人が接近戦をするなら残りは後方から飛び道具で攻撃するといった連携を見せる。長いコンボを出していれば途中で他の敵に邪魔されることも少なくない。
 このためわずかな隙をついていかに大きなダメージを与えるかが重要となってくる。その場その場の状況に応じてどのコンボを用いるかの選択、敵の攻撃をガードするか回避するかの判断などが次々と要求され、なかなか気が抜けない。
 この緊張感あふれる戦闘を無事に切り抜けたときの爽快感こそが本作品の最も大きな面白さだと思う。

高水準のバトルとは裏腹の凡庸なアドベンチャー要素
 本作品は基本的にバトルアクションゲームだが、所々にちょっとした謎解き要素が盛り込まれている。といってもそんなに本格的なものは少なく、ほとんどは「扉を開ける鍵を持ってこい」程度のものとなっている。
 バトルの難易度とは反対に謎解きは非常に簡単で、それゆえにお使いさせられてると強く感じてしまう。同じ部屋を行ったり来たりするのはあまり楽しいものではない。
 アドベンチャー要素はおそらくバトルとバトルの合間の清涼剤として設けられたのだろうが、ゲームのテンポを削いでいるように思えてならない。

グラフィックやシステム
 グラフィックに関しては旧世代機とは思えない出来と感じる。もっと出来の悪いグラフィックのゲームが360に存在する。プリレンダのムービーシーンが若干挿入されるときに実際のゲーム画面との違和感を多少覚える程度だ。
 システムも良くできている。初回ロードが若干長いが、ゲーム中にロードを感じることはほとんど無い。ほぼすべてのマップはシームレスにつながっていて、場所を切り替えるたびに暗転して読み込みということは無い。HDDから起動しているからだけでなくもともとロードが少ないように作られているのだろう。
 インベントリ操作は多少面倒に思う。武器の変更や回復薬の使用などはメニューを開かずともワンボタンで出来るようならばさらにテンポの良いゲームになったように思う。
 付け加えて言うならばカメラの視点が良くない。完全にフリーカメラで無いのでどうしても向けない方向が存在する。ジャンプアクションを強いられる場面ではそれが苦痛となることが多かった。

充実したやりこみリプレイ性
 難易度による差別化は色々考えられるが最もポピュラーなのは「高難易度では敵の攻撃力増大、自分の防御力減少」であると思う。本作品ではそれに止まらず、難易度によって出現する敵が違い、行動パターンも変化するようになっている。このため全く同じルートを通っていても前回とは違った攻略を考える必要がある。ただ同じことの繰り返しではない。
 またクリア特典のようなものは全くなく、難易度を変えればまた初期状態からのスタートとなる。引き継がれるのは己の腕のみというある意味潔いシステムとなっている。
 ただノーマルでもかなり難しいのにハード以上ともなるとさらに人を選んでしまうように思う。そのときに強化した状態から始められるような選択肢がないのを若干惜しく感じる。

すべてのアクションゲームを過去にするか
 バトルに関しては秀逸。この緊張感を味わえば他のコンボ系アクションゲームが出来なくなってしまうのではなかろうかとすら思える。ただし難易度が高いだけにうまくいかないときのフラストレーションもわりと大きい。その点人を選ぶゲームだと強く感じる。困難に挑戦することが好きならば良いゲームだろう。
 1200MSポイント(1700円)程度とコストパフォーマンスも良い。このような良作を安くプレイできるとはいい時代になったものだ。
posted by Ming at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム感想