2007年11月25日

運と実力

ボードゲームの世界では「運」と「実力」が半々くらいのゲームが素晴らしいと言われるそうです。初心者でも引きが良ければ勝てる。そういうゲームがいいそうです。そして引きが悪くても技術でカバーできるゲームがいいそうです。

つまり、運と実力、どっちかがあれば勝てる。初心者も上級者も、そりゃ上級者が勝つでしょうが初心者とそこそこの差で戦える。そんなゲームがいいそうですね。

カタン、そしてカルカソンヌはそういうボードゲームらしいです。トランプで言うと大貧民とかもそんな感じかもしれませんね。
posted by Ming at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7153494

この記事へのトラックバック