2007年11月22日

HALF-LIFE2 感想「システム」

初代HLはAIが凄かったことが語りぐさになってるとか。
HL2ではどうなのかなぁと思ったけれど割りと普通。3年も前のゲームだからなぁ、こんなものかな?
敵も味方も無難に動いてる感じ。まあ、普通のAIかな。

ストレスを感じたのは小隊指揮。別に味方のAIがヘボですぐ死ぬとかいうわけじゃないんだが、展開の都合上狭い廊下での移動や戦闘が多くて。
「廊下が味方で詰まる」ってのが多発。Sorryだの言われても撃ち殺したろうかって思っちゃったくらい。
これで「敵のグレネードから逃げるために後退したら味方がいて下がれなくて爆死」なんてことがあったらコントローラ投げたろうけれど、幸いそんなことはなかった。
味方のそばにいた敵をショットガンで撃ち殺したら味方も死んだりしたけれど、たぶん気のせい。

HL2はスタートからラストまで完全に、一度の暗転もなく、シームレスにつながってるのだが、次のマップを読み込むロードがまずい。ある地点で突然画面と音が止まり、LOADINGと表示される。これが非常に不格好。どんなテンション高い展開でも覚めてしまう。せめて音くらい流したままにしてくれればいいのに。
そこまでしてシームレスにするより場面場面で暗転させてでも一つの展開を最後までロードも無しでやらせてくれた方がテンションの維持という点で良かったと思う。
あとひとつひとつのロード時間もやたら長い。

さらにゲームオーバー時のチェックポイント復帰のロードも遅い。PCベースだからディスク媒体の違いでコンシューマだと遅いのかと思ったけれど、どうやらPCでも遅いらしい。
「死んで覚えるゲーム」ではないにせよ、それなりに死んじゃうのだからこのへんは快適にして欲しかった。

HL2にはどうも細かい不満点が多い。面白いとは思うのだけれど、駄目な部分を面白さで覆い隠せない感じ。
俺自身FPSをやり出したのがつい最近ということもあって、FF7が初FFな人間がFF3をやるみたいに感じているのかもしれない。

FPSの進化は速い。3年も経てば旧世代だ。
これからプレイするEp1、そしてEp2はもっと最近に作られた作品だ。どれだけ進化しているか楽しみだ。
posted by Ming at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7065954

この記事へのトラックバック