2007年11月04日

任天堂サウンドコレクション ルイージ

nintendo.jpg

クラブニンテンドーのポイントが貯まってたのを思い出したので、プレゼントもらった。
そういえば今年に入ってからは任天堂製品買ってなかったりする。360のゲームばかり買ってたからな。
去年はプラチナ会員になるくらい注ぎ込んでたんだけどなぁ。男の人は何人も好きな人がいるとはよく言った物である。

このCDは、SFC、GB、FC、64、GCの任天堂のゲームの中から隠れた名曲を抜粋して収録している。懐かしいのもあったり、知らないのもあったり。任天堂のゲームは双頭に幅広いから、はまりこんでる物とはまりこんでない物で曲を聞いたときの差が出るな。
だけど、ぴったんこ、ハマったゲームの曲が来ると感無量。
ゲームミュージックってのはやっぱりそのものじゃなくてゲーム体験との関連がその評価に大きく影響してるよね。それは悪いことじゃなくて、ゲームと音楽が一体になってるってことだと思う。

FCやSFCってこんなに微妙な音楽の表現が出来たのか!改めて聞くと懐かしいを超えて感心する。あんな限られた制限の中でこれだけの物が生み出せるなんて。

ドクターマリオ懐かしい〜。ヨッシーアイランドの曲の完成度高ぇ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6451564

この記事へのトラックバック