2007年10月30日

フォージ

Halo3、フォージで作ったマップで遊ぶ機会を得られた。他人の作ったマップを遊ぶのはなかなか新鮮だ。武器やオブジェクトの配置が変化していたり乗り物が追加されていたり。作った人がどういう風に遊んでもらいたいか、を想像すると楽しい。
拙作のマップでも遊んでもらった。畏れ多いことだ。
マップ上に仕掛けた「罠」に引っかかってくれた人がいた。ふっとんだ人には悪いが、こういうのは作者冥利に尽きるといったところだ。

別にカスタムマップを作ること自体は革新的ではない。PCのFPSの世界では何年も前からあることだ。マップどころかゲームすら作ってしまう連中だっているのだから。
そういったゲームをプレイしている人間からすれば「一体何がすごいのか?」と思うんじゃ無かろうか。

マップエディットにおいて、PC向けFPSと比べてHalo3が優れている部分があるとすれば、「わかりやすさ」と「完結している」ところだろうと思う。
フォージの概念自体は新しいものではないと思う。まあ、大あれ小あれ、そしてFPSに限らず、対戦マップに手を加えたり出来るゲームは少なくない。
フォージはゲーム内を実際に歩いて物を置いたり動かしたりするものだ。難解な設定などは特にない。実際に触って動かすという非常に直感的なものだ。たぶん誰でも(時間さえかければ)ちょっとしたものが出来るだろう。このわかりやすさ、は今までありそうで無かったのではなかろうか。

そして、カスタムマップの導入はBungie.netのファイルシェアから容易に適用できるのは非常に手間を軽減してくれる。ファイルシェアにはHalo3のロビーからシームレスに接続することができる。パーティーリーダーに自分の作ったマップを使ってもらいたいのならば、「このファイルを推薦」という項目を選択すればいいだけだ。メールを受け取り承諾すれば、自動的にファイルシェアの画面に移行することができる。
Halo3内で共有できる。他の外部サイトや雑多な知識を必要としないのは、カスタムマップの導入と共有への敷居を大きく下げているだろう。

fileplanetから落としてきて解凍してlevel以下のフォルダに放り込んで、あとローカライズのテキストとか適宜してね、って言われても普通わかりませんって。設定ファイルをエディタで開いて数字を直接変更するとか、思った以上の高いハードルですよ。

その分「究極的細かさ」だとか「MOD」みたいなのは完璧に実現不可なんだけれど、Halo3が対象としているのはそういったものを求める層とはまた違うのだろう。
日本ではHaloはマニアックなタイトルかもしれないが、アメリカ人にとっては日常で気楽に友達と遊べる対戦ツールなのだろう。任天堂的な細やかさ?とでも言うべきか。どうもMSによるスマブラ…な気がするんだよな。

日本ではFPS自体のマニアックさから、PC向けと比較されがち低く見られがち、な気がとてもする。海外では本当のとこ、どう思われてんだろうな。
posted by Ming at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6330427

この記事へのトラックバック