2007年10月26日

俺以外は立派に見える

色んなブログとか見てるとさ、すげぇなぁって思うことが本当多いんだよな。こんなに知識を蓄えているのか、とか、若いのにしっかりしたこと考えんなぁとか、感心したり嫉妬したり。それに比べて俺は一体何なんだ、有益な考えの一つもひねり出せないじゃないか。

ま、たぶん人間一つくらいは自分にとっては大したことじゃないが、人にとってはものすげぇってものがあるんだろうと思う。思いたい。例えば、ある分野に精通してるように見える人は、いつも仕事でやってるから呼吸するくらいの気楽さで知識をひねり出せるのかも知れない。
それに、俺はある人を追いかけて年中すごいなぁって感嘆するんじゃなくて、人がすごいなぁって褒めてたのをリンクを介して読んだりするから。優れた洞察を見せた人も、100のエントリのうちたまたま良くできたエントリがそれだっただけなのかもしれない。それが有名になっただけなのかもしれない。

仕事のことを書いてる人はみんな世界経済の前線で働いてる人に見える。同人作家はみんな壁サークルに見える。ゲームについて書いてる人はみんなランカーだ。そんな風に感じてしまう。忙しいんだぜ、って書く人は本当に大変なんだなぁって思ってしまう。
彼らが誇張してるというより、俺が過大に受け止めすぎてるんだろうなぁ。
posted by Ming at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6208680

この記事へのトラックバック