2007年10月26日

I cannot live without roses.

俺は世界の隅っこでこっそりやってりゃいいと思ってたのだが、時代がそれを許さないとすりゃ変わらなきゃいけない。どっちが?俺が?おまえが?

著作権ってのはたとえ権利もっててもガツガツしない方が世間には受けるんだよね。松本大先生がなんだかなぁと思われてるのを見てさ、そう感じるよ。老害だのなんだの。一度権利を持ってしまったらそれで出来る限り儲けようとするのは人間の業だよな。みんなで幸せになろうぜ!ってシステムが簡単に構築できるなら今頃悩まなくてすんでるはずだ。
権利者はイヤだと言う。だが、俺はケチケチすんなよ、儲かってるんだろ?と返す。たとえダイレクトに著作者が「やめてくれ」と言ったとしても俺はそれを認めない。寛容で無ければ腹を切って死ねと言ってやる。

考えるのは向こう。文句を言うのは俺。俺は客だ。文句あるか。
考えなきゃいけないんだろうな。誰かに考えさせちゃいけない、俺が考えなきゃいけないんだろうな、何事も。

つまりだ、現代に合うビジネスモデルを考えろよこの凸助!とか言うのは簡単だ。だけど、相手に理想を押しつけるだけじゃだめだ。制作側と消費側の両者が考えないと、俺達が何も考えないで相手任せにしてると、結局再び軋轢が生まれるんじゃないかなぁ。
今がいいとは言わないのは俺も同じさ、だが、相手が変わることを期待するより俺が変わった方が早く解決するかもしれないぜ
posted by Ming at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6207461

この記事へのトラックバック