2007年09月29日

9/29

最近のゲームくらいになるとグラフィックってのは最早センスでくくられるべき事柄なんだろうなぁ
CPUやGPUのパワーをどういう表現のために用いるか

GoWは雰囲気の再現や質感が凄いし、BIOSHOCKは水やらオブジェクトの統一感、ジョン・ウーは置いてあるモノがほとんどぶちこわせる派手さみたいな?
デッドラはゾンビを死ぬほど出すことに命をかけてるし、AC6は空の綺麗さと雲や煙

Halo3は主観で観るとわかりづらいけど、例えばスカラベ戦をシアターで観るとすごいって思う
空ではバンシーと味方の船が交戦していて、スカラベが二機はい回っていて、ゴーストとワートホグとホーネットが何機もその周りをぐるぐる回っている
これが同一の戦場ってのが果てしなく凄いなぁと遠景で観ると映画のワンシーンみたいで面白い

よくGoWとの比較論争があって、まあ、いわゆるあまり相手にしない類の案件なのだが、たぶん目指してる方向が違うのだろうと
GoWは市街戦で狭い空間が多く、敵の数もそれほど多いわけではない
その分緊張感があるし、一体一体と戦ってる感がある
Halo3はマップも広ければ敵の数も多くて、戦ってるというより蹴散らしている感じ
だけど、忙しい戦場って感じが味わえる

ゲーム性にあったグラフィックだと思うよ


まあ、こんだけメジャーな作品だと、たぶん、あれだ
俺はFFやらないぜ!的な人もそれなりにいるんだろう、コアなFPS好きの中には
分かる気もする

俺もそうからな。だからって、本当にマイナーな作品をやってるわけじゃないけれど
本当に好きな人はマイナーだとかメジャーにこだわらないもんか

Halo3はガチガチにやるというより、パーティゲームだなぁ
ワイワイ騒いでやるもんだ
そういう風に作られてるし、そういう風なゲームとしてとても優秀だと思う

このロビーもマッチングも、たぶん、任天堂がスマブラで実装しなくてはいけないものなんだと思う
posted by Ming at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5641514

この記事へのトラックバック