2007年09月21日

9/21

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY200709210236.html

諧謔にとんだ言い回しで世相を切れるようになりたい

余計な枝葉を切り落として向こうが言いたいだろうなぁってことを取り出すと、金払え、ってことだわな
JASRACに怒ってる我々も対価を払うことに対して怒ってるわけではない
JASRACが対価を不法に搾取してることに対して怒ってるわけだ
もしも著作者に対し公平に対価が行き渡るシステムが構築されたならば、我々は喜んで金を出すだろう

…なわけないって
タダで落としたいだけなんだから

ついでに材料も自分で用意するのは面倒だからタダで調達したい
材料費タダで調理の手間だけで料理が提供できるレストランは儲かるわな
儲かるかな?


例えばさ
ネットの接続料を一律で一万円上げるけど、その代わり著作物をどうやりとりしようと構わないよ!
とかいう風になったらどう思われるんだろうなぁ
俺は何も落としたくはないのに一万円も上げるなんて、保証金制度の再来だとか言うんだろうなぁ
posted by Ming at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5537120

この記事へのトラックバック