2007年07月23日

Comment te dire adieu

最近あの動画を理解しなければ乗り遅れる気がしてきたよ
でもそう思えば思うほど、嫌な気分がしてくる
これが旧世代というやつか

俺は昔っからMADを知っているし、実況だってやってる人間だ
両方ともそんなに深く、というわけじゃないけれどな
んで、その二つが合わさったようなのがやたら流行っているというのは、…ちょっと今更感があったりするんだ
いやそれがコロンブスの卵なのかもしれないけれどね

でもそんなのが崇高だとか世界を変える力を持ってるだとかそんな類の思想は今のところ持ってないんだ
例えば、”文化”であるとかね
が、最近はそこに何らかの文化性があると信じる人が結構いて
俺より短い時間しか”そういうの”に触れてない人たちが、そうまで確信できる理由は何なのかなぁと
もちろんそこへ流れていった古い人たちもいるのだし、そういう人がいなかったら何も生まれなかったわけだけれど
俺が気付けなかった何らかの可能性とやらが具現しているのだろうか

あれほど叩かれた「××を一位にしようぜ」が”好意的”に受け容れられる土台を作ってしまってるのかもしれない
ま、小さいところから大きく取りたい人たちにとっては煽ったり煽られたり仕掛けたりできるいいチャンスだと思うので、是非ベンチャーって星井もんだ
posted by Ming at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4792103

この記事へのトラックバック