2007年04月24日

パソコンはいらない

というブルーバックスが何故かうちの本棚から発掘された
表紙の絵を描いてるのが赤川次郎の大貫警部シリーズ(だっけ?)の人らしいので買ったのだろうか
ともかく出版年は98年になってるのでもう10年近く前の本ということになる

当時はWin95のお祭りが終わり、本格的にPCやインターネットといった物が普及段階に入った頃
その頃に書かれたこの本は、何故PCが必要なのか、を鋭く問うたものだ

まあ、当時としてはそれなりに適切なことを書いていると思うのだが

現代は誰が何と言おうともPCは必要だ。CMですら続きはWebだもの
履修登録、就職活動、確定申告、何でもかんでもPCでやらせやがって
本当は手抜きなんじゃないの?どうなの?

http://www.geocities.jp/kenzosaka/98kiji/pcsyoumetsu.html
「ネットワークへのアクセスにパソコンを使う時代は、6年以内に終わりを告げる」
現実はどうか
確かにパソコン以外にもアクセス手段は増えたけれど、パソコン以上に便利にアクセスできる物は無い
情報家電と言うのはイマイチ具体例が見えてこないけど、ケータイは確実に進歩してるな
インターネットへのアクセス手段としては今じゃPCよりもポピュラーなのかもなぁ
posted by Ming at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3832238

この記事へのトラックバック