2007年04月21日

4/21

昨日聞いた浜野保樹という人物
酒を飲んだ頭ではぐだぐだなことしか思いつかなかったけど、普通に名前でググってみたら
http://hotwired.goo.ne.jp/original/hamano/index.html
な連載をしていたらしい
http://hotwired.goo.ne.jp/culture/hamano/030902/


 可能性がないと諦めかけていた1998年、宮本氏は、アメリカのゲーム業界人で作るインタラクティブ芸術科学アカデミー(Academy of Interactive Arts & Sciences)の「ゲームの殿堂」(Hall of Fame)入り第一号に選出されてしまう。この選出がいかに破格かは、映画や野球などに置き換えてみれば分かるだろう。アメリカの映画や野球の殿堂入り第一号が、もしわが同朋であったなら、どれほど名誉であろうか。しかし、この事実はわが国が彼の功績に応えられなかったということでもあり、また日本のマスメディアはこのことを一切報道しなかった。


この人の感情を書いてるわけじゃないから、当時からゲームについて個人的にどう思ってたかは知るよしもないが、マスコミをそしってるわけだし、ビジネスライク以上の感情を持っていたような気はする
先の文章でも別にコンテンツとしての価値は認めてたからね

元々産経新聞自体、古風なところをウリにしてるわけで、物事を選別してるようなところが見受けられる
世界に冠たるアニメ・漫画・ゲームというガワについては堂々と取り上げるが、その中身が実際にどんなものであるか、には口出さないどころか逆に批判対象にするというか
あーでも萌え絵が投書欄に載る率も高いんだよなぁ産経


http://d.hatena.ne.jp/chikuma_jp/20070421
よくまとめてる人がいた

インタビューってのは要旨を書いた人の恣意が伝わるんじゃね
posted by Ming at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3810703

この記事へのトラックバック