2007年04月21日

4/21

どうして日本だとFPSが流行らないんだろ
あんだけ多種多様なゲームジャンルを生み出してきたのに、日本じゃイマイチメジャーになれないのはやはり何か理由が


マンガやゲームやアニメを日本を代表するコンテンツにしようという動きがここ数年高まっているようだが
何というか、日本人はこういう文化輸出を意識的に出来るほど器用じゃないと思う

何というか浮世絵みたいに海外に投げ売るような態度が一番というか
直接的な利益にはならないだろうけどさ
たぶん、外のことなんて考えてない尖った作品こそ、きっと海外の物好きな人には受けるんだろうよ
全世界で一般的に受けるものならディズニーに負けるだろ、そりゃ

http://www.sankei.co.jp/culture/enterme/070320/ent070320001.htm


ゲームについては、ぼくは異論がある。アニメや漫画は感動をもたらすけれど、ゲームは、お金だけ持っていって、子供の時間奪ってますね。その人生にプラスアルファがない。宮崎さんとか他のアニメ見て、人生変わったという人はいると思います。心ふるえるほどの感動とか、ゲームは若干難しい。


かつてはゲームでなく、マンガとアニメが似たような批判の対象であったことをこの人は理解してるんだろうか


この手のコンテンツ輸出の動きに対して、何かむかつくのは、これまで迫害してた連中が海外で儲かるとわかった途端、手のひら返したように持ち上げてるのが気にくわないから、だな

ゲームに対する偏見があるようだが、だいたいゲーム自体主軸が欧米に移ってるんだしさ…そういう悠長なこと言ってる暇じゃ

まあ、インタビューってのはその人のほんの一部だからな
時間をかけてゆっくり話せばそんなに悪い人でないのかもしれない
ほんの一部の印象が悪かった場合…ねぇ
posted by Ming at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3808691

この記事へのトラックバック