2007年04月18日

4/17

何というか、「英雄譚」の長いエピローグ

新型のすごいヘリが出てきた
でもなのはさんたちは普通に飛べるよね
何か色々後付けな設定によると、実は飛ぶ能力者は稀少だったのだ!だとか
えーこれまでさんざん空中戦闘してたのに

いやいやなのはさんたちご一行がたまたま異常だったわけで、ごく一般的な優秀な子たちはこんなもんですよーと

…まあ、三期だし、エピローグなんだからそれでいいんだろう

「この子たちも頑張ってるけど、なのはさんは9才のときにもっと凄かったよね」と視聴者を懐古させる、作り手の狙いかもしれん


何というか、よく言えばこれまでのロボットアニメの集大成

狙ってるのかそうでないのか知らないが、いかにもすぎるというか
そりゃ何でもエバエバ言う俺らが悪いんだよ、いい加減目を覚まそうとは思うんだけどさ、だからって連想させるキャラをほいほい出すな!ミサトさんっぽいのがいるからよけいにさ!何だよあのいかにも加持さん
…もうケーブル見るたびにあれアンビリカルケーブルだよね、とか条件反射で言っちゃうのはダメな世代だ

実況で指摘されてたけど、語りかけの下りはブレンっぽいと。そういえばヒメっぽいか
割と唐突に過去が出てきた気がするので、このへん第一話あたりから種をまいておけば良かったのでは…いやちゃんとそういう要素入ってたのかな?ごめん覚えてない

でも、俺みたいなライトな人でもつっこめるポイントがたくさんあるのでたぶん良作、なのでしょう

これからの期待があるとすれば、独自性というものがみたいってことかな
…嫌な言い方をすると、キャラ自体借り物なわけだし…本当に目新しいモノが出来るやら、とも思うんだけど
posted by Ming at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3763821

この記事へのトラックバック