2007年01月23日

1/23

いわゆるライトゲーマーとコアなゲーマーで、ゲームのプレイ能力にそれほど差は無いと思うんだ
なぜなら、昔の小学生は今ならハードと呼ばれるようなゲームを普通にプレイしてたし、それこそテレビゲームなんてものの存在を知らなかった人がマリオやドラクエに飛びついたわけだし
じゃあ、何故両者をわける必要があるかと言うと、ゲームを実際に手に取るまでの距離の違いなんだろうね
機会があれば誰しもゲームをプレイするんだと思うわけで

萌え絵Wizと呼ぶのは簡単だけど、この絵じゃなかったらここまで話題にならないと思う。普通のマニア向けゲーム、だけで終わってしまったろうね。今でも十分マニア向けですか、そうですか
ただいろんな人の感想見てると、懐かしいなぁってのが結構多いのよね。かつてのWizゲーマーらしいんだけど
でもなんかWiz自体は最新作が21世紀になっても発売されてるくらいだし、3DダンジョンRPGってのは結構いっぱいあるらしいよ?日本でも海外でも。だから、「3DダンジョンRPGの復活」とか言ってこれ出すのおかしくね?っていう人もいる
でも実際には多くの人が”空白”を感じていたわけで、この差が何のかと言うと、手に取る機会が無かった、ってことなんだろうね

忙しくなってゲームプレイできなくなったとか、PCだとか据え置き機持ってないだとか、でも携帯機なら手軽に出来るかなぁ的な、ほら、任天堂が言ってるアレだ、かつてのゲーマー層だとか、にうまく訴求できたのが今回の結果だったのでないかと
で、手に取る際の絵柄も今風のライトなので、それ系の人はもちろん、そうでない人も手に取りやすかったのでないかと

ライトゲーマー層はコアな人たちの層の伏流水みたいなもんで、本当金脈なのかもしれない

ということで、3DダンジョンRPGを懐かしく感じてない幸せな人は布教のチャンス到来なわけですよ
ただこのとき、「SEEDなんてくだらねー!ターンA見ようぜ!」的な言い方はしちゃダメよ
posted by Ming at 19:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3149032

この記事へのトラックバック

テレビゲーム
Excerpt: ゲームのうち、テレビモニタをディスプレイとして使用するタイプのゲーム機およびゲームソフトの総称が「テレビゲーム」だ。最近売れ筋のゲーム機・ゲームソフトの主流は、このテレビゲーム。
Weblog: 趣味と暮らしの情報
Tracked: 2007-01-25 18:07