2006年12月25日

アニメ:夜明け前より瑠璃色な 最終回

すごかった
これほど眠気が覚めるような展開が待ちかまえていたとは思いもよらなかった
ある意味、これは今年最高のエンターテイメントだったと言えるだろう

ところで、お笑い芸人ってのは客を笑わせるものであって客に笑われるものじゃないんだよね
このアニメは、普通やらねえだろ!、となんというか、コロンブス的な発想ではあるんだが、その方向があまりにも稚拙すぎて…幼児のようだ
つまるところ、幼児を見て和んでいるようなキモチでこのアニメを鑑賞していたのだろうな…
かわいいなぁという一点を除けばそこに何の価値もないというか

まあ、最終回に撃たれて死ぬのはよくあることです
ナディアだってジャン死んだしな
そして復活するのもよくある話しです
だがその復活のために伏線をよーく貼っておけばならなくて、ガー様もそりゃ塩になるわ!
突然何の脈絡もなしに宇宙人がやってきて謎のロストテクノロジーで復活とかね、あんたは一体なんなんだー!

とまあ、原作ファンでもなんでもないんだけど、原作ファンの心中お察しますというか

おとボクはおとボクで原作ファンの心中は複雑っぽいのだが、あれは今期のエロゲアニメでは出色の出来だと思った次第、貴子さんかわいいしな
カノン?知るかバカ!
posted by Ming at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2774816

この記事へのトラックバック