2008年04月26日

R6V2

海外版発売以来、バグやら何やらのネガティブな情報もあったレインボーシックスベガス2。

日本での1の発売日がちょうど1年ほど前。
続編を作るには2年あるといい。5年や10年は長いけどな。でも1年で作り上げた続編というものはたいがいろくなものにならないもんだ。

事前の通り、2になっても基本的なゲームシステムは変わってない。A.C.E.Sだのスプリントだの壁抜きだのが実装されようとも、結局やることと言えば、ひたすらドアの前に部下を立たせて突入突入、お前の背中は俺が守る、それだけ。前作と全く代わり映えしない。

でも面白いな。続編ならではの変革を求めてた人には辛いんだろうけど、R6Vの基本的な面白さはそのままなので、ある意味変わらないことで最低限以上の面白さが保証されてるというか。

ただいただけないのがCOOP人数の減少。
Gearsみたいにソロキャンペーンから始めても正体さえすればシームレスにCOOPに参加できるってのは進化だと思うが、4人→2人ってのはなぁ。
Halo3は4人でキャンペーン出来たんだし、レインボーのチーム自体は4人(ナイト含めて)なんだからもう少し考えて欲しかったところ。

あとはグラフィックか。基本的に前作とほとんど変わらない質だけれど、ところどころfpsが下がってカクカクになるような場所がある。

ということで安定感はあるけれど、驚きは少ないR6V2。
R6V以来のR6は、CoDシリーズとはまた違った味付けのコンシューマシューティング・ブランドなんだから、次回作はもっと驚かせて欲しいな。
posted by Ming at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14420577

この記事へのトラックバック