2008年04月01日

新しいゲームよりもリメイクを

 俺はもう新作よりも旧作を求めているのかも知れない。
http://www.xbox-news.com/index.php?e=2864
であるとか、このあたりのニュースとその反応を見ていてそう思った。

 上記のニュースに憤りを感じる人は多いようだ。もっとも具体的なタイトルが出ていないので、面に出てきた大往生とケツイを以て往年のケイブシューだったのでないかと結論して、その妄想で腹を立てているわけなのだが。

 一方で、リメイクばかりの市場に不満をもらしてる開発者もいる。
http://www.gpara.com/kaigainews/eanda/2007112905/
XBLA・宇宙キリンの開発者の話だ。自分はろくにプレイしてないので彼らの仕事が文句を言うだけのものであるかはわからない。
 ともかく、オリジナルを作ろうという者たちにとって、過去の偉大な作品群が大きな障壁になることが多々あるようだ。

ラインナップが増えることは消費者にとっても喜ばしいことだが、人間の数とお金は有限だ。新しいものと定評のある移植作、消費者はどちらを選ぶのだろうか。どちらを選ぶべきなのだろうか。



「最近のゲームはつまらない」という話題が最近流行していたらしい。それに対して「面白いゲームを探そうとしていない」って反論があったわけだが、これは今回の問題についても適用できるのではなかろうか。
 あるいは「続編、シリーズに拘泥し続ける」でもいい。こういった思想が地盤沈下を招いているのだ!と、ゲーム好きなことに定評がある人たちは語っていたが、彼らは今回の件をどう思っているのだろう?


 最早俺は新しいゲームを求めておらず、過去の資産、面白かったゲームを現世代に+αの要素を付けて復活させるだけで満足してしまえるのでなかろうか。

 かつてプレイした面白いゲームはそりゃ面白いわけだ。

 また、リメイクや移植を低価格で提供することを俺は願いすぎているのかもしれない。

http://d.hatena.ne.jp/NTZ/20080331/1206619863

 こういう嘆きもある。
 大往生やケツイだってXBLAで出してくれればいいのに、って意見はどっかにあった。式神高いって意見もあったな。斑鳩、エグゼリカの価格なら買うのになぁってわけだ、安いから。

 自分のやりたいゲームが、自分の持ってるハードで、安く提供されないかなぁって思うのは消費者として当然の要求だろうか、それとも都合が良すぎるんだろうか。



 俺も一次記事読んでないから妄想だな。過剰反応しすぎな気がする。5pbが一体どういう形で持ち込んだのかわかんねーしね。
 まあ、俺にとっちゃSTGはどうでもいい話だからこんなに日和見できるんだ。
 オラタンだったら過剰反応するけどな。
posted by Ming at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13413542

この記事へのトラックバック