2006年09月18日

時をかける少女

MBSで深夜突然やってたので視聴&実況していた
なるほど、アイドル映画というヤツなのか、角川の秘蔵っ子、原田知世の大プッシュ作、らしい
そんな生まれながらも、みなの記憶に残っているというのはすごいと思うぜ。だってよ、モーニング娘。主演の映画のタイトルって覚えてる人いる?俺は忘れた
原田知世といやあ、時をかける少女、と20年以上経ってもみんな言ってくれるんだぜ、こいつは本当すごいことなんだ

とにかくEDに吹いたね
ユーミンのアルバムでの時をかける少女は結構聞いているのだけど、原田知世Verは物心ついてからじゃ初めてかな?
まさかこんな風に絵を付けてくるとはね…これ結構後のアニメとかにも影響与えてる気がするぞ
ミルクちゃん?

ああ、これが昭和のアイドルなのだろうな

何事もアーティスティックにしなきゃいけない現代、もっとこういう無目的なアイドルがいるべきじゃないだろうか
…と思ったが、やはりそういうのも最早マニアックになるのだろうな

嗜好の細分化はアニメに限らず、どんどん浸食している。先鋭化は、その先と先同士が理解し合えないくらいになってるんじゃないだろうか

昭和は…古き良き時代というわけさ
こういう自分も昭和生まれ、平成生まれで結婚してる奴とかそろそろ出てくる頃だぜ…嫌な時代だね
posted by Ming at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1274738

この記事へのトラックバック