2008年03月12日

Wish

amazonのウィッシュリスト事件。

俺は頭が固いと思った。

俺は今までずっとウィッシュリストは他人からプレゼントして欲しい物リストであると認識していた。これはamazonが想定していた通りであり、そうゆう意味で俺はずっと模範的なamazon先生の生徒であったわけだ。

今日が来るまで、リストをそれ以外の何かに使おうなんて思いもしなかった。「いらねー機能なのに何であるんだろう」とすら思っていた。

しかし、Webに巣くう連中は俺の何倍も柔軟だった。そう、ほしい物リストという改名後の名称が率直に表すように、このリストは各人の備忘録として使われていたのだ。

このリストをamazon商品に対するブックマークのように扱っている人がいたわけだ。そんな使い方もあったのか。俺の中にそういう概念が全然芽生えなかったのが悔しい。

俺がソーシャルブックマークを利用するのはメモと率直な感想の記録のためであるが、その変種としてウィッシュリストが活用されていたことに俺は全然気付かなかった。

他人からプレゼントして欲しいものなんてリストアップしてもしょうがねーな。という第一印象、固定観念から逃れられなかったわけだ。
posted by Ming at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12312279

この記事へのトラックバック