2008年03月01日

パニッシャー

金曜ロードショーで視聴。
家族を殺された男が復讐する話。原作はアメコミらしい。一度死んで蘇ってたからまあそれっぽい。

B級映画だった。力ちゃん映画。

主人公のフランク・キャッスルの戦闘力があまり無いのが面白い。本当弱い。
重傷を負い最後の力を振り絞ってハンドガンで応戦してくる敵に対し、力ちゃんはグレネードランチャー付きのアサルトライフルの完全武装で立ち向かうが、大苦戦。
刺客のロシア人にボコボコにされるシーンはほとんどコント。狙ってるだろって感じ。

クライマックスのドクロ炎上にラストシーンの「我が名はパニッシャー!」まで完璧な流れだった。

いやー州知事やセガール的な爽快感は無いがこれはこれで珍しいものを見せてもらった。
posted by Ming at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11642733

この記事へのトラックバック