2008年03月06日

フェイス・オフ

木曜洋画劇場にて。

面白いじゃないか。

いわゆるジョン・ウーってのはよく聞くが、しっかりと見たのは初めてだったりする。ハリウッドに来てからの作品なんだっけな、これは。

いやアクション映画ってのはこんくらいアクションすべきだよね。とにかく「カッコイイだろう!?」てのが根底にあって、とことんカッコイイシーンかっこいいシーン、痺れるシーンの連続。テンションの途切れるとこが無い。

銃撃戦は火花は散るわ、やたら家具が四散するわ、爆発するわでとても派手。
名シーン名シーンと言われてるらしいが、鏡を挟んでお互い銃を向け合うシーンはうまいなぁと膝を打たざるをえなかった。因縁のある男たちの戦い、イエスだね。
てかこのシーンやりたいからこんな設定にしただけだろ、とか言っちゃあいけない。カッコよければそれでいい。
それがジョン・ウーなのか。
posted by Ming at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

ひとつ曲がり角ひとつ間違えて

堺筋から東に阪神高速を越えたところの通りを松屋町筋と言うらしい。

今日堺筋を歩いていたはずが、なんとなく気が向いて入り込んだのがその松屋町で、なかなか面白い町だったな。
その町は通りの両側の店の軒下が張り出ていて、いわゆる商店街を形成している。駅から近いわけでもなく(地下鉄通ってるけどね)近隣に住宅街があるようにも見えない都会の真ん中の商店街というだけでも結構面白いのだが、一番興味を持ったのは人形屋がやたら多いこと。
田舎の商店街には一件あるか無いかだったのに隣り合ってるくらいの多さ。他にも玩具屋とか珍味屋とかが妙に多い。
こんだけあると競争大変だろ、って思ったが調べてみるとそういう類の卸問屋街らしい。なるほど。

いや大阪にはこういう特化した商店街があって面白いな。
posted by Ming at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

小さい頃は神様がいて

アイドルマスターの最新作「Xbox 360 アイドルマスターライブフォーユー!」の発売を記念して、765プロ商品企画部より、日々アイドルマスターを応援してくださっているファンの皆様へ感謝の意をこめて、過去に販売したオフィシャルグッズのアンコール販売をいたします。


http://shop.765.jp/idolmaster/01/im54_00_00_00.html

思ってないよ、在庫整理だなんて思ってないよ。

何度再販されれば気が済むんだYour Song…!って前回の再販で手に入れた俺が言うことじゃない。もう一年前か?早いなー。

MAにYour Song曲が収録されてる今、内容としての価値はドラマCD部分だけである。そこに何かを見いだせるか否か。価値があると思うなら迷わず行けよ。
これが本気で最後かどうかは知らんが、とりあえずチャンスには違いないので、プラチナ組は突貫してみるといいかも。
遅れた人たちにも魅力ビームが届くか否かの瀬戸際だぜ。


3/7追記
なんかもう販売が始まってるらしい…。というか終わってるわけだが。ハピネット側では3/6開始との表記があったそうな。
えー。
ハピネットがやらかしたのか765が間違えたのか…さて、どう動くか。
posted by Ming at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

10代

10代とはなんとまあ、まっすぐだったことか。
10代のオタをたまに見かけるが、彼らは概してまっすぐだ。ああ、自分にもああいう時期があったのだなぁ、と。
そんな連中と自分がある一つの作品で結ばれていると思うと不思議な気分である。
彼らのバックグランドと俺のバックグランドは全く異なり、積み重ねてきた時間も違うが、その一つに限っては全くの等価な存在であるか。

俺はひねてる方だと思っていたけれど、実はそうでもなく、世の中もっととんでもなく嫌なほどひねてる人がたくさんいて、そう思うとむしろ素直である方が武器なんだなぁと。俺は素直でいい子でありたいです。まったくもって。

posted by Ming at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記