2008年01月03日

1/3

平成教育委員会を見てるのに、頭の中ではQMAの音楽が流れてる状態はちとまずいと思った。

この番組を見ていると小学校だとか中学校の勉強をもう一度おさらいしたい気分になる。意外と忘れてるもんだなぁと。漢字だとか細かい知識だとか、ぼろぼろ抜け落ちていて。

高校生の頃は頭のライブラリ検索速度には自信あったんだが、20過ぎるとダメだな。出てこない。使ってないとどんどん忘れていく。
最近は人の名前がヤバイ。ちょっと会ってないだけで名前を忘れてしまう。

人の頭は使ってないと錆付くが、使ってたら使った分だけマシになるという。今年はもちっと頭を使って生きたいもんだ。
惰性ではなく、正々堂々、もちろん。
posted by Ming at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

S.A.S.英国特殊部隊 スタンバーイ

S.A.S.英国特殊部隊という英国のドラマを見た。
CoD4の影響何だけど、現代戦モノが無性に見たくて。中でも特殊部隊ものっぽいこれを借りてみた。S.A.S、CoD4でプレイヤーの所属する部隊。世界最古にして最強の特殊部隊(パッケージ裏)らしい。

第一話。すげぇ。
ものすごく面白かった。終始画面から目が離せなかったな。

キルハウスでの訓練、突入前のプランニング、晩餐、配置、戦闘、戦闘後の事後処理。どれもこれも緊張感あふれてて。これが果たしてリアルなのか、特殊部隊でない俺にはわからないけれど、無慈悲なつくりになってるのは間違いない。
犯人は容赦なく射殺されるし、味方の戦死もまた、マンダウンの一声だけで処理される。
撃つ時はヘッドショット、口に二発撃って確実にしとめろ。と上官は新人に言う。クールだ。

戦死者が出た後の打ち上げですら騒ぐ隊員たち、それが乾いた戦士っぽくてよかったなぁ。そんで対比される新人隊員の迷い。それがS.A.S.というものなんだ。で済まされるのか、彼はどう成長するのか。

とかなんとかで非常に次が気になる第一話だった。使ってる銃はMP5だったかな。とっても特殊部隊っぽいねぇ。
posted by Ming at 02:24| Comment(1) | TrackBack(0) | TV番組