2007年11月10日

CoD4 スナイパー

E3トレイラーで全世界の度肝を抜いたあの「お前、そこにいたのかよ!」スナイパー面をプレイ。この面は色々凄かった。
ゲームのグラフィックもここまで来たか…って感じだよ。流石にこれって実写?とは思わないけれど、映画でも見てる錯覚に陥るのは間違いない。そのくらい没入感と臨場感がある。

それにしても、CoDの演出は凄いな。プレイヤーの視点や角度まで計算されてると思う。

強制的に視点が固定されるムービーとは違って、基本的にどこを向いてもいい場面で何らかの出来事が起こった場合、例えば建物が壊れるとかだ、プレイヤーが見てくれない可能性がある。あれを見ろ!とかAIに叫ばしたところで、あれって何よ?って思っちゃうわけで。

そんなすれ違いが重なると没入感もクソも無くなるわけだが、CoDはそれが無い、もしくは非常に少ない。何度もテストプレイしてどこをよく見るかってリサーチしてるのかな?
スナイパーステージに限っては、上官の後を付いていけばいいからプレイヤーがどこを見るかってのはだいたいわかるだろうけれど。それでも「見せられてる」って感じはしない。

無機質なマンションの中で天井の一部だか紙っきれだかがひらひら舞い落ちてくる。
核爆発が起こった後の空。がれきや石ころや人が爆風に吹き飛ばされている。

そういうのを何というか、自然に見つめてしまうんだよな。
なんてか、FPSというより映画体感ゲームだよこいつは。
posted by Ming at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | CoD4

CoD4 オン

クソおもしれぇ。
もうすぐ年の瀬だってのにこんなゲーム出すなんて罪作りもいいところだ。

あーもうFPS好きな奴はアジア版だろうが北米版だろうが即買ってこい。
posted by Ming at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | CoD4

エロスとヴァイオレンス

エロと暴力は軸の両端であり、ふたつは密接に関わっている。
俺が360を買ったときにまず手に入れたソフトがアイドルマスターとGoWであったのも結局自分の中のエロとバイオレンスの本能に従ったものなのだろう。

あれだ、萌えは燃えで打ち消せ!って思想が無かったとは言い切れないが、決して言い訳ではない。

俺はエロゲーもやるけれど、FPSだってやる。萌えに親しんでる方だけれど、ガチムチが敵を肉片にしてくのだってキライじゃない。
エロに興味があるなら自然と暴力にだって興味が向くもんだ。

そんなもんさ。
最近は暴力に偏ってるからそろそろエロの方に気持ちが向くかもしれん。
posted by Ming at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記