2007年11月09日

L4U…

http://www.amazon.co.jp/dp/B000XUGLAK/
¥ 9,800 (税込)


フルプライスか…。まあ、こんなこったろうと思ってたけど。
流石に付き合ってられんわ、って思った。流石に。

楽しめそうなら、別に投資するのも構わないが、L4Uはどうも楽しめそうにないんだもの。
posted by Ming at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

Call of Duty 4

日本橋エーツーに入荷したと聞いて速攻買ってきた。360版で6980円也。プレアジにUPSつけるとその額を超えるので、日本橋までの交通費を考えても同じくらいかな。すぐやりたかったもの。

CoD4.jpg
Suaraちゃんがいたりする。

CoDシリーズはWW2モノとして有名だったのだが、今回何を思ったか現代戦にがらっと様変わり。この変更が俺の琴線に触れてね。BF2でFPSに入ったから、ってわけじゃないんだけど、BF1942も2142もなんか肌に合わなくて、やっぱり現代戦が最高っしょ、みたいなのが俺の中にあって。
てことでCoD4に飛びついたわけさね。

オンもオフも触りだけプレイしたけれど、ビシバシ面白いって手応えを感じる。映画的演出をもともとウリにしてたCoDシリーズらしいが、現代戦でも凄くドラマチック。貨物船から脱出するシーンだけでおいおいこれラストシーンの間違いじゃないか?ってぐらいだ。

主人公がSASだったりするので、特殊部隊的な動きが随所で見られる。好きな人にたまらないのでないかと。自分は出来ないけど…。
ブラックホークダウンを彷彿とさせる中東の乾いた町並みも実にそれっぽくていい。コンボラって声がきこえそうだ。

英語だからストーリーを完全に把握してるわけじゃないが、まあ、常にナビゲーター出てるから迷うことはないね。ぶっちゃけ話聞いて無くても雰囲気でわかる。てか、わかれ。ハリウッドアクション映画見慣れてる人間なら容易に理解できるはずだ。

そしてオンライン。まず思ったのがリスポンが早いこと。おかげでリアル系でありながらHalo並にどんどん突撃できる。これってスポーツ系FPS?
さらにリスポン待ち時間に自分が殺されるシーンを相手の視点から見ることが出来る。学習にもなるし、相手にとっても自分がどこにいるかバレるわけだからキャンプ防止にもなるだろうね。

ラグはほとんど感じなかった。初めての対戦でも思った以上に相手を殺せたし、初心者にも優しいんじゃないかな。でも日本人はいねえな。当然か。

対戦はHaloみたいなマッチング方式で適当に世界中から戦う相手を選んでくるみたい。戦闘終了後意気投合すれば一緒に続けられるようで。
さらにロビーでパーティ組んでから、マッチングってのもできるみたい?この方式は、ホストの立てた部屋に入る形式に比べると、好きなモードやマップが選びにくくて賛否両論でもあるけれど、俺はありかなと。

正直360版だけじゃなくPCでもやりたいな。カスタムマップやMODで末永く楽しむに値するかも。また腱鞘炎が勃発するほどやっちゃうかもしれない。
ソフマップ・ザウルスにはPC版が4980円で入荷されてた。やっぱ注目作だよな。

これでまたローカライズが売れなくなるんだよなぁ。そんで海外版買った俺が責められるってか?冗談じゃない。売らないアクティビジョン・ジャパンが圧倒的に悪い。
ローカライズすると決めれば日本語版発売まで待ってくれるヤツは少なからずいるだろうよ。てか、字幕程度のローカライズ、速攻できるだろう?PS3版だって吹き替えてるわけじゃないだろ?しらんけど。
出すチャンスを誤ってるのに売れないなんて嘆く?馬鹿げたことだな。
posted by Ming at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CoD4

ゲーム熱のむらっけ

ハーフライフの発売は1998年とのこと。その頃から既に「洋ゲーが大味なんてのは既に過去のこと」と言われていたそうだ。それから10年。未だ現状は変わっていないように思える。
全く日本はガラパゴスで本当に幸せで、俺もその中にいて、でも外の世界もたまには見た方がもっと幸せになれるんだなぁと最近やっと気が付いた。

まったく、ハーフライフもレインボーシックスも、他の多くのFPSも、俺はもっと早く体験しているべきだった。同時代体験をしたかった。海外のマニアックなゲームが国内のどんなゲームよりも斬新であることに驚きたかった。
これが悔しい、とても悔しい。

posted by Ming at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感