2007年11月30日

コール オブ デューティー4の日本語訳が酷い件について

本でも映画でもいい、英語版に先に手を出して、その後日本語版が出たとき、先人はこんな気分に陥ったというのか。この歳になって初めてわかった、この微妙な気分。

本日、MyXboxでのCall of Duty 4の表記が英語から日本語に改められた。コールオブデューティーってな具合にな。発売一ヶ月前だというのに日本向けの仕様を組み込むとは仕事が早い、前々から準備してあったのだろうな。
そして実績内容も日本語になっていたのだが、これを見て驚いた。

naminori.jpg
一応ネタバレ

訳せそうなのは訳す。訳せなさそうなのは英語そのままという方針らしい。一貫性の無さが素晴らしい。
チャーリーは波に乗らないと訳すけれどブラックアウトは訳さない。日本語にしにくいからだろうなぁ。でもヒートは炎熱と訳したり。消耗品のクルーはもっとなんとかならんかったのか…。

必要以上に日本語が多いために逆に違和感がある。別にミッションタイトルも実績も全部英語のままでも誰も困らないと思うけれどなぁ。内容さえ日本語で書いてくれれば。

俺が気付かなかっただけでこういうことはこれまでも相当たくさんあったんだろうなぁ…。洋画なんかでよく訳がどーのこーの言われるのもそうゆうことだったのか。


…なんだか「チャーリーは波に乗らない」ってのもだんだん味がある気がしてきたよ。この和訳に特有の浮いた感じの文句だよね。「たやすいことではない」みたいな。
posted by Ming at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CoD4

2007年11月29日

S.T.A.L.K.E.R.

今日はいろいろなゲームの発売日。
アサシンクリードかギルティギア2か、悩んだあげく、買ってきたのは「S.T.A.K.E.R.-Shadow of Chernobyl-」。

stalker.jpg

またFPSか!
暗殺の方のACはシングルのみだからいつやってもまあいいだろう。しかしGG2はオンがメインであり、さらに人口も少なそうだから早めにプレイしておかないとプレイヤーレベルが上がりすぎてしまうだろう。

ってことでGG2かなぁと思ったけれど結局買ってきたのはスタルカ。一応これもマルチ付いてるけど過疎ってるらしい。マルチには元から期待してない。
とにかく俺はよほどFPSがやりたいらしい。

日本語マニュアル付き英語版だが、有志による日本語パッチが存在している。おかげでとてもよくわかる、感謝。

とりあえずクリアしたら感想書いてみよう。
posted by Ming at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

おめーは何も言うな

あーつまりこういうことだ。無視しておけばいいのに、何故口に出す。俺も無視しておけばいいのに何故口に出す。

CoD4のことだ。普段FPSに興味ないようなヤツでさえ言及する。ハード論争的な文脈でだ。つーかさ、おめーが買わねえようなソフトが出ようが出まいがどーでもよかろうが。何がそんなに嬉しそうなんだ。

あー何だ、「PS3独占」じゃなくなった事が嬉しいって?冗談じゃない。そんな風に考える馬鹿はとっととゲーム機を窓から投げ捨ててしまえ!
そもそも元からPC/360/PS3のマルチなのに、何が「独占」だ。言語の独占に意味があるというのか?さらにPCからすれば両方とも劣ってるんだぞ?ったく。

何がCoD4が素晴らしいゲームだ!プレイしてもねえ、プレイしそうにもねえ連中が何嬉しそうに語ってるんだ。一生CoDの名を口に出すな、汚れる。

喜ぶべきは素晴らしいゲームがより多くの人間にプレイされる機会を得たことであり、批判されるべきは一ヶ月前まで発表しなかったアクティビジョンジャパンの態度だ。発売すること自体は賞賛するがね。
posted by Ming at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

2007年11月28日

Call of Duty 4 日本語版発売決定!

PS3版で延期だので大丈夫かよと思ってたら何故か360版が同時発売するというオチ。計画的というよりはものすごーくゴタゴタしてるような感じ。

まあ色々言いたいことはあるが、素直に日本人プレイヤーが増えることを歓迎したい。言語の壁というのは思いの外厚く、さらに海外版の存在自体信用できないユーザーも少なからずいるのだから。現代戦好きならマストバイとすら言い切れるゲームをより多くのゲーマーがプレイできるなら、それは幸せなことだろう。

CoD4は対戦ツールとしてもなかなか良くできてるからフレンドを集めてPrivete Matchでも結構遊べるだろう。サポート人数も18人とかなり多いしね。
マッチメイキングでも海外よりもPING状況のいい国内のプレイヤーと当たる機会が多くなるだろうし、より快適なプレイが楽しめると思う。

目下の問題は、俺がそれまでに飽きないかということ。もうすぐLV55カンストしちゃうので。そこでストップして、日本語版発売とともにレベルリセットして心機一転ってのがいいかな。

それにしても楽しみだ。
あーベテランの質問とかも出るんだろうなぁ。わくわくする。
テレビ局どうすりゃいいんだ!ヘリつえー!観覧車無理!飛行機何これ!とかとか。
これがベテランがリクルートを見つめる気分ってヤツか。ニヤニヤしてしまう。
posted by Ming at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CoD4

2007年11月27日

野良の限界

人間スコアを気にしなければK/Dを気にしたがる。そんなもんさ。
それに野良で連携だの何だのをやろうと考える方が間違いだと思うんだが。

野良なんて殺伐とやってりゃいいんだよ。
posted by Ming at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

気になるゲームを並べてアフィリエイト貼ってみよう

http://fragile.namco-ch.net/
FRAGILE
Wii。作ってるところはトライクレッシェンドらしい。マジか?Wiiにはこういう路線が少ないので、どんどん頑張って欲しいところ。
世界観と設定と音楽はかなりいい感じ。

http://s2.atlusnet.jp/
世界樹の迷宮2
DS。全体のバランス調整がされてるだろうから、ゲームとしては完成系に仕上がってると思う。基礎は前作で出来上がってるからたぶん面白い。ただ目立ってたディレクターが抜けたのだけがどんだけ影響するのか。ブログで酒飲んでくっちゃべるなんてことは無いだろうなぁ。

http://www.stalker-videogame.com/
S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl
最近気になってるFPS。実は春頃にどこかでトレイラーだかプレイ映像だかを見たことがあって、雰囲気すごいなぁって思ってたんだけどタイトルだけ覚えて無くて。とっつきにくいが、ハマると面白いらしい。

http://www.l4d.com/
Left 4 Dead
最近気になってるFPS第二弾。Orange Boxのタイトル画面付けっぱなしにしてたらデモが流れたので興味を持ったタイトル。COOPメインのゲームデザインとのこと。面白そうだけど、かなり高速戦闘っぽいのがなぁ。もうちょっとテンポが緩ければじっくり出来そうなんだが。

posted by Ming at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

Xbox360アップデートで友達の友達を 〜mixi化するXbox Live〜

みたいなタイトルで、誰か書いてくれないものか。

あれですね、6次の隔たり。
Liveの人口が800万人くらいらしいから、フレンドのフレンドのフレンドの…ってやってくと全世界のプレイヤーとつながれそうだね。

意見・広告。

http://japanese.engadget.com/2007/11/26/xbox-360-foaf/
こんな感じに、フレンドのフレンドリストが見られる機能が実装されるとか。さて、これがLiveにどのような影響を与えるのか。俺には見当も付かない。
ネガティブな方面ではかなり思いつくが、ポジティブな利用法はあまり思いつかない。

Liveにはプライバシーの設定があり、オンラインの通知から実績に至るまで公開するか非公開とするか設定することはできる。この「Friends of Friends」にもそのような設定項目が存在する。
しかし、この項目の存在自体が一種の危険性をはらんでいる。現在でも実績の項目を隠していることがある種のやましさを感じ取られる可能性があるのと同じように、フレンドリストを隠していることがプレイヤーへの疑いを生んでしまうのでないか。
他に例えばフレンドの多少によって人間性が判断されてしまうこともあるのでないか。悪意の介在を助長するのでないか。

現在のXboxLiveはコミュニティ色が強く、クランやあるサイトの閲覧者の集い、さらに匿名掲示板発祥であるとか、またはSNSのコミュから出来た集団も数多く存在している。中にはふたつ以上のグループに所属しているプレイヤーも少なくないだろう。

Aという集団に属している人が、同じAという集団のまだ知らぬ人をFriends of Friendsで探すというのは輪を広げる上で有効だろう。しかし、現在の仕様ではFriends of Friendsで探した人がAという集団に属しているかはわからない。もしかしたらBであるかもしれない。そこで何らかの衝突が起こってしまうかもしれない。

だから俺はフレンドのカテゴリ分けやクラン機能の方が実装されるべきであると思う。Friends of Friendsはその上で適用するべきものだろう。

最近話題になった話だが、WiiがゲームレビューをWii上で書けるようになるのだとか。これはコミュニティ化を進めているように思える。
LiveもどうやらSNS的な方面に進化しようとしているようだ。フレンド探しからレビューまで、全てLiveで完結できる一つの大きなコミュニティの形成が目標なのかもしれない。
posted by Ming at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

2007年11月26日

greasemonkeyって面白いね

ふと興味がわいたのでちと勉強してみた。

// ==UserScript==
// @name niconico eraser
// @include http://b.hatena.ne.jp/*
// @description tekito-
// ==/UserScript==
( function(){
 var elements = document.getElementsByTagName("div");
 for(i = 0;i < elements.length;i++){
  if(elements[i].className == "entry" &&
elements[i].innerHTML.indexOf("ニコニコ") != -1){
   elements[i].style.display = "none";
  }
 }
}) ();


before.jpg

after.jpg


はてブからニコニコというタイトル、タグを含むものを消すスクリプト。別にニコニコに悪意があるわけでなく、目立つ単語だから効果がわかりやすいなぁと思っただけ。
しかしまあ、やっつけだな。あまり考えてないので。
それにしても、プログラムめいたの書いたの久しぶり…。年単位かもしらん。

JavaScriptとgreasemonkeyで結構色々出来るもんだなぁと感心した。本気で勉強したら色々出来そうね。
posted by Ming at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月25日

どっちが古いのかね?

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.dears.co.jp/news/archives/35.html
あれか、商業化すると荒れるの法則か。
よし、ネトランプロデュースでウハウハだ!

ちと違うが。
「自分たちのネタ」とやらが誰かのもうけになる。
それで幸せになるからいいじゃないかという人と、俺達を無視して儲ける気かという人。
まあ、何でも利用して動いたものが勝ち、またはコンテンツは実際に金にしてこそコンテンツだ、ってのもこれからの時代なのかもなぁ。それに反発してる方が頭固いのかも。

ねたみとうらみとそねみを焼いて潰して粉にしてスプーン一杯なめるのさ。
posted by Ming at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

運と実力

ボードゲームの世界では「運」と「実力」が半々くらいのゲームが素晴らしいと言われるそうです。初心者でも引きが良ければ勝てる。そういうゲームがいいそうです。そして引きが悪くても技術でカバーできるゲームがいいそうです。

つまり、運と実力、どっちかがあれば勝てる。初心者も上級者も、そりゃ上級者が勝つでしょうが初心者とそこそこの差で戦える。そんなゲームがいいそうですね。

カタン、そしてカルカソンヌはそういうボードゲームらしいです。トランプで言うと大貧民とかもそんな感じかもしれませんね。
posted by Ming at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

CoD4 Brigadier General

Brigadier Generalになりましたよ奥さん、准将ですってよ。

階級のあるゲームはいろいろやってきたけれど、将官にまでなったのは初めてかも。これもCoD4のレベルアップがサクサクだからだな。
というか、気が付くとオンラインプレイ時間が20時間超えてた。1日2時間以上やってる計算だな。

Challengesが本当にたくさんあるので普通にプレイしてるだけでも達成できるんだよなぁ。エキスパート系がちと辛いか。
ショットガンとスナイパーライフルに関しては全く手を付けてないんだけどな。あまり好きな武器じゃないので…。

最近はSMGでひたすら突撃。弾切れだけが怖い。

個人的にはこういうFPSが好き。お祭り系っていうのかね。わいわい突撃して死ねばいいじゃない。
BF2が好きだったのもそういうところが楽しかったからだ。

CSに代表されるような競技的なのも気になるっちゃなるんだけどね。やる日は来るのか不明。
posted by Ming at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CoD4

2007年11月24日

立ち位置

バカで間抜けな日本人、と当の日本人が言ってるような自体に出くわしたとき。さて、その偉そうなことを言ってる人のことをどう思いますか。

偉いなぁ、俺よりもよっぽどいい眼鏡を持っていると感心するか。
自分のことを棚に上げて何言ってるんだと非難するか。

俺はどうしようかなぁ。優越感ゲームに浸りたいから一緒になってバカで間抜けって叫ぼうかな。



俺より豊かなゲーム体験してるっぽい人に限ってなんかカリカリしてんのは何でなのかね。
posted by Ming at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月23日

HALF-LIFE2:Episode 1

HL2EP1クリア。
全実績解除しながらでも半日もかからないうちにクリアできた。短いけど、このくらいで終わってくれるとある意味助かる。
結構面白かった。

このEP1、実績に「The One Free Bullet」とあるように銃を1発しか使わずにクリアすることが出来る。なぜなら敵がコンバインよりもゾンビが多いから、さらにAlyxが強いから。

HL2にもAlyxと一緒に戦うシーンはあったのだが、ちょっと放置してたら死んでゲームオーバーになったことがあった。だが今回のAlexは、俺の運がいいのかしらんが、かなり強めに設定してあるようだ。ゾンビ3体に囲まれて殴られたあと「ゾンバイン」のグレネードを食らってもぴんぴんしてるくらいの耐久力はあるらしい。
弾薬も無限だし、射撃は的確。そして基本的にずっと着いてきてくれるから戦闘は彼女に任せてしまって、ゴードンはライトを当てたりグレネードを拾って投げ返す程度をやってれば十分。

そんな感じに、全編グラビティガンだけでクリアできるように設計されてるのが好印象だった。実はHL2もそうなのかもしれないけれどな。

HL2:Ep2はどうなってんのかなぁ。
posted by Ming at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

やってらんねえ

Xbox360でCoD4日本語版出せと言ってるのに、いざPS3の日本語版のスクリーンショットを見ると酷い訳だなんて言っちゃう。
これはツンデレなのか、やっかみなのか。
それともおめーらどの口で言ってるんだ!とゲーマーの民度を批判するか?

最近ようやく気が付いたが、自分は情熱の無い人間だ。
これまでの人生における思春期的悩み、自分探しやらに翻弄されてた原因はこれだったんだ。
情熱が無いのに情熱があるものと勘違いして、あれやこれや迷っていたわけだ。
情熱はあるに越したことは無いが、無いものは無いと認識した方があると誤解してるよりマシだ。
無いなら無いなりに出来ることはある。俺はそういう風に生きていった方が結局楽だし、自分らしいってことなんだろう。

勤労感謝の日か。
俺はまだ感謝されるべき域に達してないなぁ。だから感謝する側でいよう。
posted by Ming at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月22日

HALF-LIFE2 感想「システム」

初代HLはAIが凄かったことが語りぐさになってるとか。
HL2ではどうなのかなぁと思ったけれど割りと普通。3年も前のゲームだからなぁ、こんなものかな?
敵も味方も無難に動いてる感じ。まあ、普通のAIかな。

ストレスを感じたのは小隊指揮。別に味方のAIがヘボですぐ死ぬとかいうわけじゃないんだが、展開の都合上狭い廊下での移動や戦闘が多くて。
「廊下が味方で詰まる」ってのが多発。Sorryだの言われても撃ち殺したろうかって思っちゃったくらい。
これで「敵のグレネードから逃げるために後退したら味方がいて下がれなくて爆死」なんてことがあったらコントローラ投げたろうけれど、幸いそんなことはなかった。
味方のそばにいた敵をショットガンで撃ち殺したら味方も死んだりしたけれど、たぶん気のせい。

HL2はスタートからラストまで完全に、一度の暗転もなく、シームレスにつながってるのだが、次のマップを読み込むロードがまずい。ある地点で突然画面と音が止まり、LOADINGと表示される。これが非常に不格好。どんなテンション高い展開でも覚めてしまう。せめて音くらい流したままにしてくれればいいのに。
そこまでしてシームレスにするより場面場面で暗転させてでも一つの展開を最後までロードも無しでやらせてくれた方がテンションの維持という点で良かったと思う。
あとひとつひとつのロード時間もやたら長い。

さらにゲームオーバー時のチェックポイント復帰のロードも遅い。PCベースだからディスク媒体の違いでコンシューマだと遅いのかと思ったけれど、どうやらPCでも遅いらしい。
「死んで覚えるゲーム」ではないにせよ、それなりに死んじゃうのだからこのへんは快適にして欲しかった。

HL2にはどうも細かい不満点が多い。面白いとは思うのだけれど、駄目な部分を面白さで覆い隠せない感じ。
俺自身FPSをやり出したのがつい最近ということもあって、FF7が初FFな人間がFF3をやるみたいに感じているのかもしれない。

FPSの進化は速い。3年も経てば旧世代だ。
これからプレイするEp1、そしてEp2はもっと最近に作られた作品だ。どれだけ進化しているか楽しみだ。
posted by Ming at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

HALF-LIFE2 感想「理系的」

俺はValve社のゲームは知的で理系的だなぁってPortalやったときにも思ったのだが、この印象はゲームの面白さが理解されづらいことにつながってる気がする。HL2がつまらないわけじゃないんだが。

Valve Software、「Physical Gameplay in Half-Life2」
物理エンジンが生むリアリティーとゲームとしての面白さのバランス

「Half-Life2」にはステージごとに様々なテーマがあり、プレーヤーはステージが進むごとに色々な体験をすることになる。筆者自身はその多彩さが少し統一感に欠ける感想も持ったのだが、今回の講演を聴いて納得した。明確なゲーム性を持った小さなゲームの集合体という側面と、物理エンジンを強調するための大げさな演出は本作の大きな特徴である。それが「Half-Life2」の魅力につながっているのは、間違いなくStelly氏達が心がけている “面白さ”への指向性によるものだろう。


この記事によるとスタッフは物理エンジンに面白さを感じたみたいだ。俺も面白いアイディアだと思う。だが、それはドミノ倒しであるとか敵を敵に投げつけるといった「わかりやすい」部分でのみ面白がられるものであって、「完璧に力学に従ってるからすげー」なんて部分で面白がれる人は少ないんじゃないかなぁ。
HL2はそういった「わかりやすい物理エンジンすげー」部分が少なくて、一般的な娯楽性に欠けてる。そんなところが実に理系的だなぁって。なんだか「理系非モテ系」みたいな話になってきたな。

この娯楽性の欠如感覚はやたら長いマップにもある気がする。

4Gamer.netハーフライフ2レビュー
難をいえば,エアボードとバギーのチャプターが,少し間延びしていたと感じたくらいか。乗り物に乗れるのは本作で追加された要素の一つで,波や砂浜の物理効果がほどよく効いた素晴らしいシーンとなっていたが,ポイントごとに乗り物から降りてパズルを解いたり戦ったりという,基本的な部分で短調になっていた感は否めない。


HL2は技術プレビューの側面がかなり大きいようで、「こんなこともできます」と言うかのように様々な風景が出てくる。でも自然物の美しさはこのゲームの面白さに全く関与してない。
さらに言うならスタッフの美的センスは自然よりも人工物に対してよく発揮されている。
序盤の1984ライクなディストピア、終盤のSFチックな構造物は素晴らしかった。ガンシップやストライダーのデザインもいい。
スタッフは違うだろうがPortalの無機質なチャンバー描写は良かったな。Valve社のセンスはこういった人工的・無機質なところに発揮されるのでなかろうか。
posted by Ming at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

HALF-LIFE2 感想「グラビティガン」

The Orange Boxの中に入ってるHL2を本日ようやくクリア。長かった。そしてこれは悪い「ケリをつけてきました」ですね。

HL2はそこそこ面白かったけど、HL2はなんというか、評価しづらいゲームだと思った。アイディアはいいんだけれど、アイディアをうまく生かしてないなぁって。

HL2のウリはなんといってもグラビティガンだろう。物体を吸い寄せ放つことが出来る素敵銃。物理エンジンを内蔵したHL2ならではの武器である。
だが、このウリが意外と使えない。グラビティガンを積極的に使って楽なのはせいぜい「WE DON'T GO TO RAVENHOLM」くらいなものだと思う。あとラストか。

グラビティガンで敵を倒すためには、まず「掴めるオブジェクトを探す」→「引き寄せる」→「敵に向かって放つ」の3点が必要なのだが、これが割りと時間がかかる。テンポの速い銃撃戦と若干の思考が必要なグラビティガンは非常に相性が悪いと思う。

だから、グラビティガンで戦うより狙って即撃てる銃の方がよほど楽で、強くて、効率的。けれどシューティング部分は他のゲームと比べて特に優れてるわけでもないので、戦闘が来るたびにつまらなさを感じた。
ゾンビくらい動きが遅いのならグラビティガンでいいんだけどね。

もっとも、そんな「使えない」グラビティガンのイメージは終盤で変えられる。強化されたグラビティガンを装備してから、戦闘がとても面白くなった。
単に重力が強くなって敵自体を引き寄せて別の敵にぶつけることが出来るようになっただけなんだが、「これだよ!重力を操るってのはこういうことだよ!」って一人で納得しちゃったくらい斬新な感覚。
俺ツエー気分も味わえるしね。ほとんど終わりに近い部分でしか使えないのが残念すぎる。

こんな感じでグラビティガンのアイディアは面白いのに、作中での扱いは明らかに間違ってる。序盤に手に入って、中盤から後半戦に入ったくらいに強化されるべきだった。そんで重力を使った戦闘のバリエーションを増やすことに労力を費やすべきだった。
ぐだぐだとマシンガンで戦ってる暇じゃねえんだ。
posted by Ming at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

2007年11月21日

高くなる敷居

最近のゲームって大変だよな。どんどん超えなくちゃいけないハードルが高くなっていて。そろそろプレイヤーの方が妥協しなくちゃいけないのかもしれない。


今日BlackSiteの体験版が日本でも配信されたのでプレイしてみたのだけれど、「普通」だなぁとしか思えなかった。通してやればまた別なのかも知れないが、少なくともこのゲームならではのウリってのは見えなかった。
グラフィックも別に悪くないとは思うのだけれど、ヘリのシーンなんて「チャーリーは波に乗らない」をやったばかりだからか、とてもしょぼく見えてしまって…。

http://www.360gameszone.com/?p=2009
より優れたマルチプレーはHalo 3で、より優れた物語はBioShockで、より活き活きとした環境はどこにでも見つける事が出来る。


この言葉が端的に示すように、これから出るゲームはマルチもグラフィックも演出もストーリーも過去の大作品を超えなくては評価されないんじゃなかろうか。十分良作の部類に入るものすら。

レインボーシックスベガス2が正式発表されたけれど、それに対しての反応に真っ先に上がったのがCoD4との対比。両者は若干目指す方向が違うので直接の比較は出来ないとは思うのだが、どうやらCoD4は現代戦モノの敷居を上げてしまったらしい、プレイヤーたちの中で。

このままどこまで行くのかを思うと恐ろしさすら感じるよ。
posted by Ming at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

Call of Duty 4 LV37

ねんがんの G36Cを アンロック したぞ

CoD4オンラインを黙々とやり続ける。とうとうG36CがアンロックされるLV37に達した。全LV55だから、もうとっくに峠を越してるところで。本当にCoD4はサクサクLVが上がるねー。

今日はヘッドクオーターマッチをえんえんとしていた。
このルールは、目標地点を抑えることでそこがHQになり、HQが存在する間ポイントが得られるといったものだ。HQを所持しているチームはリスポンが出来なくなり、所持していないチームはひたすらそのHQを壊しに行く。一定時間経つか、HQが破壊されると新たな目標地点が選ばれる。

単純な殺し合いだけでなく、味方のアシストや銃火の中突撃して瀕死になりながらHQを奪取するといった熱い攻防が面白い。
HQ防衛戦でお互いの死角を見知らぬ誰かと守りあう。この無言の連携が楽しい。フラッシュバンを部屋に投げ込んで突入するのが楽しい。

あと、非常にポイントが稼ぎやすい。勝ちチームである程度キルすれば500点以上稼げる。負けても100点以上のマッチボーナスが入るのでチームデスマッチよりは割りがいいと思う。
個人的に、あまり殺し合いだけになるとどうも消極的になるというか、自分もそうだけれどこもりがちになるというか。遠距離でバスバス撃ち合うのはあまり楽しいゲームじゃない。

ある程度能動的に動かなければ勝てないルールの方が断然面白いね。チームで一番殺していて、一番死んでいるプレイヤーになりたい。

http://www.famitsu.com/game/coming/1211946_1407.html
ミッション「チャーリーは波に乗らない」ってオイ。
「目標が更新された」もObjective Updateで十分わかるし、だいいちそっちのがカッコイイと思うんだけどね。
posted by Ming at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | CoD4

2007年11月20日

amazon

amazonのカスタマーレビューはどうしてああも日本語が不自由っぽいのが多いんだろう。推敲してないのかな。まあ、俺もろくにしてはないが。

いつ見ても発売前レビューは最高に面白いな、ツッコミ所満載という意味で。
posted by Ming at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記