2007年10月26日

俺以外は立派に見える

色んなブログとか見てるとさ、すげぇなぁって思うことが本当多いんだよな。こんなに知識を蓄えているのか、とか、若いのにしっかりしたこと考えんなぁとか、感心したり嫉妬したり。それに比べて俺は一体何なんだ、有益な考えの一つもひねり出せないじゃないか。

ま、たぶん人間一つくらいは自分にとっては大したことじゃないが、人にとってはものすげぇってものがあるんだろうと思う。思いたい。例えば、ある分野に精通してるように見える人は、いつも仕事でやってるから呼吸するくらいの気楽さで知識をひねり出せるのかも知れない。
それに、俺はある人を追いかけて年中すごいなぁって感嘆するんじゃなくて、人がすごいなぁって褒めてたのをリンクを介して読んだりするから。優れた洞察を見せた人も、100のエントリのうちたまたま良くできたエントリがそれだっただけなのかもしれない。それが有名になっただけなのかもしれない。

仕事のことを書いてる人はみんな世界経済の前線で働いてる人に見える。同人作家はみんな壁サークルに見える。ゲームについて書いてる人はみんなランカーだ。そんな風に感じてしまう。忙しいんだぜ、って書く人は本当に大変なんだなぁって思ってしまう。
彼らが誇張してるというより、俺が過大に受け止めすぎてるんだろうなぁ。
posted by Ming at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

I cannot live without roses.

俺は世界の隅っこでこっそりやってりゃいいと思ってたのだが、時代がそれを許さないとすりゃ変わらなきゃいけない。どっちが?俺が?おまえが?

著作権ってのはたとえ権利もっててもガツガツしない方が世間には受けるんだよね。松本大先生がなんだかなぁと思われてるのを見てさ、そう感じるよ。老害だのなんだの。一度権利を持ってしまったらそれで出来る限り儲けようとするのは人間の業だよな。みんなで幸せになろうぜ!ってシステムが簡単に構築できるなら今頃悩まなくてすんでるはずだ。
権利者はイヤだと言う。だが、俺はケチケチすんなよ、儲かってるんだろ?と返す。たとえダイレクトに著作者が「やめてくれ」と言ったとしても俺はそれを認めない。寛容で無ければ腹を切って死ねと言ってやる。

考えるのは向こう。文句を言うのは俺。俺は客だ。文句あるか。
考えなきゃいけないんだろうな。誰かに考えさせちゃいけない、俺が考えなきゃいけないんだろうな、何事も。

つまりだ、現代に合うビジネスモデルを考えろよこの凸助!とか言うのは簡単だ。だけど、相手に理想を押しつけるだけじゃだめだ。制作側と消費側の両者が考えないと、俺達が何も考えないで相手任せにしてると、結局再び軋轢が生まれるんじゃないかなぁ。
今がいいとは言わないのは俺も同じさ、だが、相手が変わることを期待するより俺が変わった方が早く解決するかもしれないぜ
posted by Ming at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記