2007年10月22日

ポアンカレ予想

NHKスペシャルで見た。面白かった。

一応自分は理系の範疇に入るから数学とかは人より触れてるつもりなのだが、ああいう専門的な数学は本当わけわからん。思えばε-δあたりでつまづいていたから当然か。
けれど、それなりにかみ砕いて誰でもわかるようになってたし、間も演出も良かった。「お、おまえはあのペルリマン!?」のシーンの盛り上がり方は異常。

ひとくちに天才というけれど、興味を持ち、その興味のために全力全開をこめられるのが天才なのだろうな。ある意味リミッターが外れているというか…。科学は人間を幸福にするかも知れないが、科学に携わっている人が幸福であるかはまた別の話か。
いやペルリマン氏にせよ、非業の死を遂げたパパにせよ、本人は幸せだったかもしれないけれどね、他人が外から測る話じゃないか。
posted by Ming at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

理由探し

高いからなー

(安くなったら)
故障率がなー

(シュリンク版が出て爆音爆熱解消)
ソフトが日本向けじゃないからなー

(FF、MGSマルチ)
誰が米帝のなんか買うか<#`Д´>!


値下げされてるんだからいいじゃないか。アイマスと同梱しろとかACと同梱しろとか言い過ぎだ。そんなにソフト欲しいなら素直にハード買えよ。今までの定価との差額で買えるじゃないか。

あと食わず嫌いだとどうせすぐ埃を被ることになるぞ
posted by Ming at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ

バリューパック

もうハードを持ってる人間が値下げだのお得パックだの何だの気にする必要は全く無いのだけれど、オンラインの人口が増えるか増えないかの瀬戸際だ、賭けてみる価値はありますぜ

http://www.xbox.com/ja-JP/press/release/20071022.htm

値下げもするのにはびっくりした。ソフト2本付くし、5000円安いし、プラチナで大量に出るしでこれから買う人は本当にいいなぁと思う。俺はGoWもデッドラもアイマスもほとんど定価で買ったけれど、十分遊んだし元は取ったと思ってるし、それを9ヶ月ほど先行できたのは十分な得だな。物事はタイミングだ。俺は悪くないタイミングで手に入ったと思う。


我々はMSに対して宣伝と広報活動が必要だと言う。なぜなら彼らの広報が不十分であることが、一般に認知されてない現状を作り出しているからだ。ここから二つの事柄が導き出せる。ひとつ、もっと宣伝を!と叫んでいる人は十分な情報を得ることができている。ふたつ、一般の人々は自ら情報を得る能力がない(と思われている)。

ここにWebの限界を感じてしまう。結局テレビは強い。従来の広告は強い。360ほどWebとの親和性のあるゲーム機は無いが、それゆえに負けているようだ。
これでは”先進的”インターネットユーザーがいくら持ち上げたところで、結局どうにもならないのでないだろうか?”一般”とやらを巻き込まないことには(唾棄すべきテレビ局に頭を下げてだ!)、ムーブメントは起こせないのだろうか?

きっかけを与えることか?興味を持たせる発端こそがCMだとかの意義だろうか?続きはwebでと言われて実際に検索ワードを打ち込ませるためか?
ネットで話題になっていた、は弱いのか?TVでネットで話題になっていることを知らせることによって認識されるのか?
Webの世界は中心がないが、テレビ局はほんの数局しかない。これが元々の違いか?ポータルサイトですら網羅性は足りないのか?
人間同士の間で話題になっていることは、Yahooのトップでなくはてなブックマークの中に見られたりもするが、そこに辿り着くためにはどういうステップが必要か?
posted by Ming at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360