2007年10月07日

10/7

やはりキミキス荒れてんな。関東で放映されればさらに酷くなりそう…関西だけにしては人数が多い気がするけど気のせい。

原作に忠実、ってのは最も面白くない手段ではある。だが、それすら滅多に見られないからなぁ。うーん、原作信者のためのアニメで終わるか、広く世に知らしめるか、信者の母体が大きければ、それこそ鍵っ子クラスならば京アニみたいなことも出来るのだろうけれど。
ま、信者が暴れようが絶賛しようがDVDの売り上げが全てのこんな世の中じゃ。

過去は常に肯定されるもんだ。00が始まって種が持ち上げられ、キミキスに至ってはゼノグラシアやつよキス(のようなもの)と比較される始末。
posted by Ming at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

10/7

コミュニティがコミュニティ自身について語り始めると終わりの始まりだと思う
posted by Ming at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キミキス…うーん

関西ではスカイガールズとキミキスが被っている。キミキスは言わずと知れた期待作。ハチクロスタッフ、さらに関西最速、こりゃ実況もキミキス有利…と思われたが、来週からスカガに実況民が戻りそうだ。

ギャルゲーのアニメ化は難しい。そりゃわかってるさ。特にキミキスなんてキスが主題なわけで、R18でないギャルゲーとしてはキスなんてもう相当踏み込んでED一直線ですよ、ったく。だから同時攻略だとかハーレムがやりにくいのもわかるさ。nice boatになりたくないだろ?
だからって主人公を分裂させなくても…。つまり、このアニメはヒロイン一人一人に男をあてがう方式をとったってわけだ。同じ世界で誰も不幸にならない、素晴らしい方式だ。やりたいことはわかる。理解できるさ。本来一人である主人公が二人に…いや三人か?それ以上?に分裂していることで、群像劇になってるわけさ。ま、その分ハーレム展開ではないわけで、アニメから見た人にとってはすんなり受け容れられるものかもしれない。
ただ原作はギャルゲーなわけで、そういうのに違和感がある人は少なくないだろう。久々に原作派とアニメ派の争いが見られそうなアニメだ。

…一回ごとリセットのひぐらし方式、もしくはRePure方式。それか超人的な主人公がすべてを解決する浩之ちゃん、U-1方式。
オムニバスが良かったなぁ

まあ、これからこの決定が正しかったと言えるような展開になればいいのだろうけど…うーん…なんか期待できない気もする
posted by Ming at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007年10月06日

今期のアニメ

Myself;Yourselfが存外面白かった。全く期待してなかったし、実際とてもスタンダードなギャルゲーアニメだったんだけど、外してはないと思うので。あと金朋地獄。ついでに小清水。さらに子安。
シャナ。一話は良かった。これからどうなるかはわからない。ゼロの使い魔を鑑みるとあまり期待しない方がいいかもしれない。釘宮がシャナとルイズとナギの間をいったりきたりしてるのが不安になると実況で指摘が。確かに。
DC2、ナイトウィザード、二ノ宮君。いい最終回だった。
ガンダム00。地味。過不足無いけどなんか地味。もっとハッタリ効かせてもいいのではと思った。コーラサワーさんがオレンジポジションと誰もが思ったろう。あとチワ。

00の後のコイルが異常なテンションだったのでガンダムの印象が薄い。
posted by Ming at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

10/6

朝一でDTMマガジン買ってきた。我ながらミーハーなことだ。

ちと打ち込んでみた感想。平易に打つなら楽。違和感をなくすのは困難という知れたもの。まあ、三連休に遊ぶくらいには丁度いい。
ただ自分にはどうしてもDTMで何か曲を作りたいという欲求が無いのでたぶん長続きしない。李徴ほど才能と野心があるわけでもなければ、他人とまじわって切磋琢磨する気もない。困ったことだ。

メーリングリストをもっとラフな形にしたようなものなのだろう。あれは。そして別の誰かが評価してくれる。誰かの技術をまねぶことが出来る。何事も見様見真似だ。

最近じゃとらのあなやメロンブックスでも広告が貼ってあって予約受付してるくらい。やれやれ、この世は何が流行するかわかったもんじゃないな。面白いとも言えるし面白くないとも言える。迎合と媚びが売り上げを呼ぶならバカみたいな追随があちらこちらから出てきそうな気もするのだが。そういう光景があまり見られないのならば見た目より硬派で堅実だということなのだろう。

とらやメロンじゃ違和感無いのに、楽器屋にポスター貼ってあると逆に違和感覚えるんだ。本来はそれが常態なのにな
posted by Ming at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

10/6

関東の人はコードギアスやガンダムがTBS製作だと思ってそうね。DTBも。
MBSのアニメは遅くても次の日にはTBSでもやる。でもTBSのアニメはMBSじゃやらない、よくて二週間遅れ。
フラット化万歳
posted by Ming at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

初心者向けFPSって何だろう?

FPS歴1年。ようやく若葉マークが取れたペーペーだが、それなりにこのジャンルについて見えてきたこともある。経験が浅いから歴史は知らないけれど、これからFPSをやる人に向けて言えることを多少持てるようになってきた。

まず、FPSの何が面白いかを反芻してみる。日本でヒットしたFPSと言えばよく64の007がよく挙げられる。俺もソフトは持っていないが、人の家でプレイしたことはあり、かなり楽しんだ記憶がある。ゆえに、FPSの楽しさにはマルチプレイがあると言えるだろう。
もちろんFPS以外にもマルチプレイのゲームはいくらでもある。そうマリオカートやストリートファイターでも対戦は出来るわけだ。それらと比べ現在のFPSがマルチプレイについて他のジャンルより秀でている部分は、現行でもっともオンラインプレイへの対応が進んでいることだ。もともとゲーム機でなくPCで進化したジャンルであるから、オンライン環境も早く整備されたのだろう。さらに多人数でプレイできることもFPSの特徴だ。Xbox360で発売されているタイトルの多くが8人や16人でのプレイに対応している。必ずしも参加者が多ければゲームが面白くなるわけでもないのだが、プレイ人数がゲーム性につながるタイトルも存在しているのはFPSの特徴と言えるだろう。
もっとも隣に座っている友人同士とのマルチプレイと画面越しの見知らぬ他人とのマルチプレイでは、心理的な抵抗感の違いはかなりあるだろう。初心者にとっての「壁」はここに存在すると思われる。かつてのゲームセンターでの対戦台的な「揉まれて鍛えられる」思想がそこにある。友人同士ですらあまりに勝敗が偏りすぎれば険悪な雰囲気になるのに、他人に連続で何回も殺されるようなことがあれば(よくあることなのだが)、FPSにうんざりしてしまうかもしれない。自分もBF2デモを初プレイしたときに同じ人に三連続で殺され、その後一ヶ月プレイしなかった記憶がある。
これは大きな壁であり、問題なのだが、こればかりはプレイヤーへの課題、つまり慣れる、しかないと思う。どうして負けたのかを考え、次はより生き残れるようにする。ゲーム側が出来ることは、死んだときにどこから撃たれて死んだのか表示したり、リスポンのテンポを早くする、と言った程度のものだ。そう、プレイヤーに前向きな姿勢を要求するのもFPSの特徴だろう。受動的では楽しめない。そしてポジティブなプレイで、次第に「勝てる」ようになる感覚が強いのもFPSだ。このあたりは他の対戦ゲームにも言えることだろうが、その過程が非常に「楽しい」と感じる。要は他人を打ちのめして得られる快感だ。見知らぬ他人だからこそ後腐れも無い。FPSは現状最もそういう体験をさせてくれるゲームジャンルだ。
また、その壁を乗り越えた後はチームプレイが楽しくなる。他のゲームジャンルに比べ、FPSはチームワーク・連帯感といったものが感じられるゲームが多いだろう。見知らぬ他人との即興的な連帯であろうとも、意志が通じ、それが結果につながるというのは楽しいものだ。例えば自分が囮になり、仲間がその隙に作戦を遂行する。自分は死んでも作戦が成功したときの嬉しさと言ったら。

FPSというよりオンラインプレイの楽しさばかり語ってしまった。要は、俺はオンラインプレイが今最も楽しいゲームジャンルだからFPSをやっているのだろう。だからこそ初心者にはオンラインプレイの楽しさをもっと知って欲しいと思う。友人と、または見知らぬ他人とプレイするゲームは最高だ、と。

さて、タイトルの初心者向けFPSとしては何が適当だろうか。俺が入門したから、というつまらない理由ではあるが、やはりBattle Field2が一番のオススメだ。FPSのS、シューティングとしてはイマイチだし死にやすいのだが、64人対戦であることが完全に個人を隠蔽してくれるのが良いと思う。つまり1人でやたら死んでも大して足を引っ張らないのだ。これでかなり気楽にプレイできるのでなかろうか。そして仲間が多いから適当に後をついていき戦闘に参加するだけで戦場の雰囲気を楽しめる。そのうえ戦闘はしなくてもサポートやメディックになって回復や援護をしてるだけでチームに貢献できるのも良い点だろう。死にやすいので死亡耐性が出来るのもいいところかな。
360ならロストプラネットがBF2的な雰囲気を持っていると思う。TPSだけど。Haloはリスポンのテンポが早く、エイミングが多少ヘタでも殴りが強いのでアクション好きには良いのでないかと思う。

このへんを足がかりにしてもっとシビアなゲームとか、シングルをやってみるのが一番だと思う。FPSのSに捕らわれず、まずはマルチプレイの楽しさを尻、シューティングの楽しさはその後に理解するくらいでいい。

3D酔いは慣れろ
posted by Ming at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

2007年10月05日

てんてれれん てれれれれれれれれれれれれれれれれれ

『Halo 3』 5.9万本を売上げ初週1位!

オリコン1位的なものを感じる。ポケダンが実質1位なんだけどな。Halo3は大作だし、海外とほぼ同時発売だし、only on。だいたい日本のXbox360におけるFPSプレイヤー数はこのくらい、っってことかなぁ。初めてのFPSにHaloを選んだ人とか、HaloをやらないFPSプレイヤーもいるんだろうけど。
そしてHalo3を一通りプレイし終わった人向けに11月のプラコレがあるわけ、か。やれやれうまくできている。

Haloってのは、オフはマリオ、オンはスマブラだと思う。任天堂がFPSを作ったらこんな感じになるのではなかろうか。…メトロイドプライムがあったなぁ。Wii持ってるときに一度やっておくべきだったか。
posted by Ming at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

マイナス100度の世界で何も聞こえないけど

Xbox 360 Arcade Systemのうわさ
別にこの噂の真偽はどうでもいいんだが、タイトルだけでXbox360準拠のアーケード基盤が出るのね、って勘違いしちゃった人がいて。360版アイマスの逆移植出るかもよ!っとか。自分のサイトで取り上げるならリンク先の記事くらい読んで感想書こうぜと思ったんだけど、人の振り見て我が振り直せ、でもあるな。如何に俺は物事のタイトルに釣られているか。

世の中にはCLANNADとシャナの感想を同時にアップする人がいるもんだ。どちらもMBSで放映されるわけだからこれから珍しくもなくなるわけだけどさ。関東のヤツか関西のヤツか知らないが、今週くらいは空気読んどけとは思った。特に関東なら今日一日待てばシャナやるんだから。単に関東の連中を貶めたいだけだな、俺は。MBSかCBCとTBSが両方映る地域なんてのも世の中にはあるかもしれん
posted by Ming at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月04日

一歩踏み出せば世界は広がっているものです

くだらない話だけど、PSP買うかな、とちょっと思っただけでどうでも良かったものが輝いてくるもんだな。スターオーシャンリメイクもやってみたいし、MGS OPSも気になる。廉価版のリヴィエラもいいかもしれない。
主義主張の拘泥は過去のものであり、いかに自分がくだらないものにしがみついていたか、白日の下にさらされた気分だ。

posted by Ming at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

夜桜四重奏

椿屋四重奏とは関係ないらしい。

前々からタイトルが気になってたので、ARIA新刊のついでに1巻を購入してみた。とりあえず読んでみたけど、うーん、かんなぎと同じような気持ちになった
「要素」は揃っている。だけど方向が見えない、そんな感じ。この作品は、町内で起こる霊障を調伏する話なのか、ご町内人情話なのか、人と妖怪の違いを描いたものなのか、その全部なのか。1巻読んだ感じでは、何なのかわからなかった。もう少し読み進めると理解できるかもしれんが
ご町内ものとしては主人公の周辺の変な人間しか出てこないので世界の狭さを感じる。そんなにリアルな設定じゃないのはわかるけど、町長、と言っちゃう割に町に大した思い入れが感じられない
能力バトルものとしては、各人の能力がバラバラすぎる。カテゴリ普通の少年が主人公かと言えばそうでもない。そういうのはみんな舞台装置で、本当は別にやりたいことがあるのかもしれないが、それは見えない。
個人的な好みでは妖怪が感傷的すぎる。かといって残酷すぎても困るんだけど。例えば契約者は合理的、みたいなそういう微妙なズレみたいなのがあればいいんだけど、あれじゃ単に耳の生えた人間だ
最近の深夜アニメみたい、かなぁ
posted by Ming at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック

2007年10月03日

ユグドラユニオン PSP

とうとうPSPを買う日が来たか…
旧型のユーズドなら12Kくらいなのか…ソフト含めて20K以内に収まる
どうせエミュとかやる気も無いし、ファームとかロード時間とかどうでもいいからこれでいいよね

…なんだかコアシステム購入者みたいな思考じゃないか
ああ、自分がその立場に置かれて初めて分かるってヤツだ
俺は本当に馬鹿でした!

しっかし、世界樹2といい、今日はゲームニュースが多いな

でもリメイクよりユグドラの野望の方がやりたいです、ハードはPSPで結構ですので
posted by Ming at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑感

Kosmos,Cosmos

ちょいびっくりした。いい方向で
こういう系統の曲はありそうでこれまで無かったし。作曲者がいつもとは違う人らしい、それもあるのか、この変化感は。でもいい雰囲気の曲だな

雪歩としてどうなのよ、という意見もあるみたいだけど俺はアリだと思う。むしろiがヤバいな、ものすごいライブ感で

というかこれでマスア終わりなのか。REALLY!?特別編が控えているとはいえ当初の予定は完遂されたってことか。早かったなぁ…発売前はどうかと思ったけど、リリース期間中ずっとテンションが持続できてたのがなかなかすごいなと。メーカー、そしてユーザー、両者がこの企画の成功を願っていたからかな。10枚連続キャラクター別ミニアルバムなんて、狂気の沙汰だよなぁ…普通に考えれば

かつてもこういう時代があったとも聞きますが

みつけたいなぁ かなえたいなぁ

Believe それは未来を信じること
プラチナ化を信じぬくこと

お得な「Xbox 360™ プラチナコレクション」に
Xbox 360 専用 大人気タイトル『アイドルマスター』が早くも登場!



信じてみるものですね

つーか、思ったより反響があるのにびっくり。そこまで買い控え層がいたとは思わなかったんだけどな。掘り起こせばいるものか、どんだけ数字として出てくるのか楽しみではある

しかし

アイドルマスターはそんな生やさしいゲームではない。マジで。生半可な憧れだけだと確実に後悔する。本当MADだけ見てた方が幸せだと思うよ。ギャルゲー感覚でやるとその旧世代SLGっぷりに愕然とするだろう。アケよりマシな難易度だけどな、コスト的な意味でも

「アイマスMADでハマりました!エリートと一緒に買いました!今からプレイします!」とか言ってるヤツが、一週間後どういう表情を見せるのか今から楽しみだ。まあ、ハマってくれるならそれに越したことは無いのだけど。俺みたいに箱の違ったゲームばかりやるようになるのもあり

まったく話は変わるが、DAMに行ってきた。一人で、30%OFF券があったので2時間で300円。なんだか申し訳なくなった
久々なので色々曲が増えていて、とりあえず7月に入ったらしいrelationsを入れてみた。なんとリレは歌詞がデュエット構成になってた。確かにM@STER Verでは二人で歌ってるけどさ、他の曲だってパート分けして歌ってるのになんでこれだけ…
でもデュエットソングとして聞くと、歌の主人公がふたりいるように感じる。むしろそれが正解なのかもしれんな、歌いわけ的に考えて?ぶっちゃけると千早と美希とPの三角関係的なものに聞こえる。危険だ

それにしても、relationsは千早ソロもあるし、何か妙にハマってるしで、すっかり千早のセカンド持ち歌のようだ。時々でいいから思い出をありがとうのことも思い出してください、千早、美希。

如月ミキという映画が気になる
posted by Ming at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

2007年10月02日

リクレイマー

今日はスコア稼ぎに精を出してみた。ノーマル、スカルを3個ほど付けて普通に進めばだいたい達成できるほどの難易度であるようだ。なんと優しいことで。

Halo3は実績のポイントだけならオフラインの比率が高いので稼ぎやすいタイトルと言える。だけれど、人に誇りたいのならオーバーキルとか取らないとなぁ。ポイントとしては小さいが内容からすると大きい。しかも、Halo3のランクマッチはスキルレベルで自動的にマッチングされるから、強い人が弱い人の中に入って蹴散らしたり、八百長とかがしにくい。うまくできてるもんだな


熱中しすぎて頭痛くなってきた。割とキャンペーン繰り返しやっても面白いもんだな。如何に早く敵を殲滅するか。ハイスコアランキングとかやってないのかな
posted by Ming at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

2007年10月01日

10/1

グダグダ言うのなら買わんほうがいいよ、か

合ってる、俺の心情としては限りなく合ってる
買わない理由を必死に探している人は嫌いだ
お前は一体何がしたいんだ?と言いたくなるから

一企業の施策として正しいかは知らん、が、俺はそんなに迷ってるヤツはどうせ買っても後悔する、と思う
なら初めから買わない方が幸せだ、むしろ親切で言ってるんだよ
わかるヤツだけわかれ、という横柄な態度ってわけじゃない
わかろうとしないのが腹立たしい
それなら、興味を示すな
一生、自分の領域で生きていろ
posted by Ming at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

10/1

セカンドライフのアバター批判は、洋ゲー批判に通じてる感じがする
曰く、濃いと

いやでも、そういう人に限ってまた萌えアニメかよ(笑)とか言う人種な気がするんだよ
最近のガンダムガキばっかー渋いおっさんがいないとダメだよねとか言っちゃう人
posted by Ming at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ヒトカラ

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/070930/trd0709301732011-n1.htm

ヒトカラータスケテ-

ニュースになるということはまだ世間一般にはまだ認知されてない行為だったということか。
俺は集団で行くカラオケってのに割とストレスを覚える性質で。もちろん、それが自分と同じカテゴリに属する人間でもだ。いや同じ領域だからこそ、微妙なズレ、が気になるんだ。そういうことを気にしなくていいほど気の合う人間が周囲にいるのなら幸せなことだなぁと思うけれど。俺は仲良くしたいからカラオケに行きたくないのかな

でも、歌うことは好きなので、一人でたまに行く。費用対効果抜群の娯楽だと思う
posted by Ming at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ