2007年09月22日

9/22

善意でやってる人間だけで生きていける世界になればいいけれど
専業であるということは商売であるというわけで、誇りだけで生きていける世の中ならいいけどなぁ
結局新しい世界を打ち立てたところで善意の管理人たちが集まって世代交代を経ていくにつれてかつて見捨てた世界そっくりになっちゃうんじゃないだろうか
それとも今度こそ別の世界に行けるんだろうか

面白ければそれでいい、まったくだ

俺も何かしら参加したかったなぁ
サークル参加だとか文化祭屋台だとか高校生クイズだとか鳥人間だとか、そういうのに憧れてたのに、何一つ為し得てない
でも未だに憧れはしぶとくあり続けて、これが無くなったらもう少し素直になれるんだろうな
posted by Ming at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記