2007年07月20日

もってけ

夏です、衣替えです、脱がしちゃダメです、夏服です。

http://www.idolmaster.jp/marketplace/top.html

スタッフの世代がよくわかる一文だ
でも最近は自分から抜いてもってけ!というのが流行らしい

出るか出るかと思われていたが、夏服として出るとは
どっちかというと浮き輪の方が欲しい

しかし、人間というのはツンデレなもんだ
「ハァ!?こんなのが1000?真面目に作り込んでこれより安く配信してる北米のパブリッシャーを見習え!」と叫びたくなることもあったけど、こんなに少なくなると「ごめん、言い過ぎた。適当でもいいからもっと色々作ってくれ」と思ってしまう
もっともマスア出てるからそっち(も)買ってね、という思惑があるという読みがあるようで

それにしてもサマーデイズスクールって何か大規模なパッチでも当たりそうな名前だな…

http://tangerine.sweetstyle.jp/?eid=694896

この人は俺と違う世界を楽しんでる人だけど、このエントリに限っては同意
結論に至るまで遅かった分損してると思うけどな
先入観と予備知識があればあるほどゲームの楽しみが減っていくじゃないか

同時に
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://tangerine.sweetstyle.jp/?eid=694896
で書いてる人がいるように「見るだけで満足できる人が買うとは思えない」にも同意
もう発売から半年なんだぜ、ええ加減買えよ、買わないだろうな

動画は見てるのに公式を見ない人間がいかに多いか
カタログ配信のネタを扱ってるか、ただ動画紹介してるだけか、でよくわかるってもんだ

そんなことよりベガスしようぜ!
posted by Ming at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

言いたいことさえ言えない私だけれど

ゼロの使い魔第二期を一話で切る人とは友達になりたくない
だけど、第二話で切りたくなった人とは酒を飲み交わしたい

だいたいそんな感じ

アイマスにせよXbox360にせよ、自分の中ではかなり新しいブームでありこれが定着するのかそれとも剥離してマトリックスの向こうにでも消えてしまうのかは定かではないのだが
…絶望先生は自分の中で珍しく定着してるタイトルだなぁと
かってに改蔵から読み始めたので、アイスホッケーを知らない
だからこれまで新参という気がしていたのだが、その改蔵も1998年連載開始ということで、もう10年近く前になったわけで
改めて振り返れば結構長い付き合いだなぁと思う

別に絶望先生も改蔵もマイナーというよりはかなりメジャーな作品なんだけどさ、それでもアニメ化で以前よりさらに知名度が上がって新しいファンが増えてる
これはとても喜ばしいことなのだが…いまいち祭に乗り切れない気分の自分がいる

これがあれか、インディーズ時代からのファンがメジャーデビューしてからのファンに対して抱く感情ってやつなのか?
あまり好ましい感情じゃないのだが、そういう風にとらえてしまう自分が嫌だな

…ミーハーに騒ぎ立てることが出来るのも初体験の特権か
俺もアイマスや箱を存分に楽しむことにしよう
posted by Ming at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記