2007年06月27日

棺担ぎのクロ 2巻

とらのあなで特典が付くというので梅田まで行って買ってきた

うむ、いい内容だった
相変わらずカラーページがいいなぁ
きゆづき女史の色遣いはむっちゃ魅力ある

しかしこういった若干センチメンタルでリリックな内容ってのは感想にしづらいもんだな
漠然と良かったなぁとは感じるんだが、それのどこが良かったのか具体的に示せ、と言われると気恥ずかしい気もする

クロちゃの過去が次第に明らかになる第2巻
メルヘン顔な男との出会いの話は一部完というか、お話の一区切りという感じだったな

カバー裏に吹いた
ひゃくまんどるでもゆめはかえない

posted by Ming at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック

6/27

6月に書いたことはグチばかりだ
弱音や愚痴なんて吐きたいだけ吐けばいい、とは言うものの、我ながらここまでフラストレーションがたまっていたとは
…そういう気はしていなかったのだが、無意識のうちにか

どうせグチを吐くなら面白い方向に吐きたいもんだ
ツッコミとか、諧謔あふれる言い回しとかにうまく昇華させたいもんだねぇ

人は世間に失望しているとき、自分自身に絶望しているものだ
posted by Ming at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

6/27

黙認だと思っていた?
向こうだって仏様じゃないから限度があるんだろう
そうやって騒ぎすぎるから削除になるんだろうに

”こっそり”楽しめない人間が増えればそりゃそういうことにもなるだろうさ
馬鹿みたいに自分のサイトにリンク貼りまくったり広言したりしてお客様を呼んでりゃな

まぁ昔っからあった、いつものことか

それでも、騒ぎたい場所が欲しかったってのがあるんだろうな
時代が追いついたから
情熱はあっても性能が追いついてない時代からすりゃ今は天国みたいな時代だもんな

どうでもいいが、ゼノグラのマンガはコンプエースだったっけな
posted by Ming at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記