2007年06月22日

6/22

だから!どこで見てきたとか、そういうのをわざわざ言う必要はない
黙って、さも普通にオンエアを見たかのように混じればいいんだ

別に貴様がどこに住んでいて、そこがテレ東が受信できない地域であるとか、そういうのは誰も知らないし、知りたくもない

何故波風立てるようなことを言う
何故流れが読めない

それか、つまるところ利用する者は概して”そういう”人間だというのか?
”アレ”な人間が目立つだけか?

やはり共有感覚、が今一番求められているわけか
ファイルのみならず感覚の共有への強迫が世界を覆ってるかのようだ
つまらないものでも、みんながつまらないとツッコむならそれは楽しいことなんだ

実況なんてその目に見える実装の一つだわな
テレビの前で一人でツッコムなんてバカのやることだ、バカとわかっててやることだ
完全に個人で完結してるだけだ
が、実況という場が出来てどうしようもないツッコミが身も知らぬ他人と共有出来ることが再発見されたわけだ
それが楽しいことだ、マイナーなネタによるツッコミでも同じことを考えてる人がいるとなんだか嬉しくなる
自分は一人じゃなく、同じ感覚を共有できる他人がいたことへの喜びか?
これは意外と大きな発見なのかもしれない

昭和がどんな時代だったか知らないが、町内でテレビ持ってる家にみんな押し寄せた頃があったと聞く
そのときの感覚にもしかすると近いのか?
誰かと同じものを見て、同じあるいは違う感情を抱き、それをお互いが認識し合って、共有していく

身も知らぬ他人の家に押し入ってテレビを一緒に見るなんてことは無くなった時代だが、ネットを介せばいくらでも出来る
可能性が出来たわけだ

mixiもニコニコも実況も根っこは同じか
自分がどこに所属していて、誰と同じ感覚を共有していると主張することが現在の流行ってわけだ

個性尊重の時代、行き着いた先が全体との習合ってわけだ
オンリーワンでなくエブリワンになりたいわけだ

悪くねえな、実に悪くない
posted by Ming at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記