2007年05月28日

5/28

どっかで聞きかじった話だが、日本人は責任の取り方がまずいらしい
そりゃ何か問題起きれば切腹してでも責任とっちゃうけど、説明する責任は全く果たされないんだとか

すべてを自分の胸の内に秘めて、ってのは美学かもしれんが、残された方はたまったもんじゃないな、問題処理的な意味で
こうしてまたうやむやになることが増えて、抜本的な解決(そんなものがあるのか?)がまた遠のくんだろうなぁ

世の中ぐだぐだだ
posted by Ming at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

5/28

エリート欲しがる人よく見かけるんだけど
もっと値下げしろと言ってる割に、高級機が求められてる理由は何なのだろう

・エリート欲しい人と値下げしろと言ってる人は別
・通常版の値段でエリートが欲しい
・何か新型だから欲しい

HDMIなんてまだそんなにメジャーじゃないと思うんだが、俺の思ってる以上に世の中には対応テレビ持ってる人が多いのかもしれないな
PS3買ってやれよ…
posted by Ming at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

5/28

日本でFPSが流行らない理由は無敵時間が無いことなんてのはどうだろう

基本TPS(って言っていいのかな?)で射撃時にはFPSにも出来るMGSは人気あるし、PS3の起爆剤になるかもしれねえと期待されてるわけで
むしろMGSが人気あるのにサイフォンフィルター並びに数々の潜入アクションが人気無いってのが問題なのではないかと

MGSファンは同じジャンルのゲームをやってみたいと思ってないのだろうか?
うちの友人にもMGS大好きなヤツがいるけど、少なくとも銃を撃つ系のゲームはMGS以外持ってなかったんだよな

そんで、日本であまり人気が無い類のゲームとMGSを比べた場合、その違いは無敵時間の有無なのでないかと勝手に思ってみたわけで
正確に言えばダメージ食らった後の起きあがり無敵時間というか
リスポン後無敵時間はどのゲームでも多少あるしな

無敵時間どころか最近のFPSには体力メーターすら無い上、どっから撃たれてるかわからぬまま死亡てのが多いのが日本人的に受けないんじゃないかと
正面から会敵したとしても「撃ち負ける」自体によく陥ったりするのも結構精神的なハードルを高くしてるのでないかと

即座にあの方向から狙撃されてるからここにカバーすれば撃たれないって思えるようになるまでは結構時間がかかるって言うか
序盤に爽快感が無く、やればやるほど自分が強くなっていって楽しくなる…が、そこに至るまでの過程で理不尽を感じて投げる人が多いのでないかと
例えシングルのキャンペーンでもね

この手のジャンルに興味を持った人がいたとしても、そういう「よくわからない死に方」を繰り返せばたいがい投げてしまうよ
自分も初めてBF2デモやったとき、三回同じ人に連続で殺されて非常に萎えたのを覚えてる
これをよくあることだよね、と思えるようになるまで時間がかかるんだよな

日本じゃ無双は結構売れてるみたいだから俺TsuEEEEEE!!的なのが受けるのかもしれんな
ってことで日本人受けするFPSを作るなら

・一撃死が無い
・ダメージ食らった後にある程度無敵時間がある
・敵がどこにいるかすぐわかる

ようなゲームならイケるんじゃないかと
つってもFPSのタイトルなんてろくに知らないから、既にこんなゲームあると思うけどな

続きを読む
posted by Ming at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記