2007年05月05日

5/5

display.jpg

2007年5月のディスプレイ横の光景
何だかんだでOblivionを最近ちょこちょこやっている
自分はアンテナ感度がそんなに良くないので本当に話題になってるものしか手に入れてみようとは思わない、洋ゲーでも何でも

おぶりびょんは面白いとは思うんだけどやっぱ英語の壁が
楽しく英語を学ぶきっかけとも言えるが
日本語MOD入れても表示がバグるときあるし完訳じゃないしな
今度の箱○版には結構期待かも
posted by Ming at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

5/5

http://sinobi.ameblo.jp/sinobi/entry-10030101039.html

1:直輸入版の購入をなるべく控える。
2:ローカライズ版の発売希望をメーカーにせっせと出す。
3:直輸入版購入者は、ローカライズ版が発売されたらそちらも買う。


ユーザーの方がハード売り上げのために気を遣うハードなんて初めてだ
そこまで信者になれないし、信者にならないと長続きしないハードならそれこそ初心者だのライトゲーマーだのが来るわけもねーわな

でもさー、翻訳や吹き替えの手間がかかると言え、日本語版の発売が遅すぎるわ
TDUなんて海外じゃ半年も前に出てるんだぜ

http://tdu.wikiwiki.jp/

発売日: 2006年09月05日(北米版)、 2006年09月07日(アジア版)、 2007年04月26日(日本版)


そりゃこんだけ待たされりゃヘビーユーザーはとっとと海外版に逃げるわな
…もっともTDUは、販売元が日本撤退したとかでゴタゴタしてたらしいとは聞いたけど

何だろう微妙なすれ違いというか、惜しいというか
日本のゲーム市場ってのは世界でここまでスルーされてるというか
世界同時発売でなくてももうちょい早く出してくれればユーザーが海外版に逃げないというか

でもやっぱりローカライズしようがしまいが売れないんだろうなぁ…
サイフォンフィルター2以降ローカライズされねえもんなぁ…スパイクもあまりにもサイフォンフィルターが売れなかったからローカライズしねえんだろうなぁ、くそ

要は宣伝頑張れと
posted by Ming at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記