2007年04月02日

4/2

・消費だけのヌルオタがレビューを始めたときの不幸
・個人の感想よりも大勢の印象が優先される
・それに伴う叩きのテンプレ化
・レビューが及ぼす影響より、レビューをすることにより自分がどれだけ高まるかが気になる

身に覚えがないわけじゃないな。反省

批評と感想の違いは何か?ヨイコノミライに書いてあった気がするけど、覚えてない
違いがわからないなら、感想でいいや
別にお金もらうわけじゃないしね

それはそれとして、amazonレビューはいろいろ面白いな
ああ、信者だなぁとか、釣りだなぁとか、いやこれ釣りっぽいけど真性かなぁ、とか思いながら見てると自分がどんどん無くなってるような気がしてくる
posted by Ming at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

デッドライジング

ちょくちょくとプレイ中

デッドライジングとは、カプコンが半年くらい前にXbox360向けに出したアクションゲーム
バイオハザードで培ったゾンビについてのノウハウを爆発させてみました感漂う洋ゲーくさい日本のゲームとのこと

とにかくゾンビをヒャッハアアア!とか叫びながら殺しまくるのが楽しい人向けのゲームだなぁと。ゾンビは画面を埋め尽くすほどいるけど、一体一体は弱いので、あっさり殺せる。昔バイオハザードでさ、無限ロケットランチャーでひたすらゾンビをぶち殺しながら遊んでたのを思い出してしまった。ああいった感じの無益な殺生をひたすら繰り返すゲームだなぁと
そんな無益な大量殺生のやり方でのお気に入りはやはり地下駐車場の車に乗ってひたすらゾンビを引きまくること。スコア目指すと作業臭いんだが、悪夢に出てきそうな量のゾンビをなぎ払う感覚ってのは他じゃなかなか味わえないのでなかろうか
プレイさせた友人は本当に夢に見たらしい

ただ、悪いところがあるとすれば飽きやすいというか、ゾンビ殺すのがつまらなくなってきたらゲームの価値自体が漸減してくるというか
もちろん、写真を撮ったり、衣装着替えたり、生存者を助けたりといった要素もあるのだが…これらはあくまで副次的なものかなぁと。ゾンビ退治の肴のようなもんだな

システム面では…ロードが多いのが×。マップ移動の度にだるい
イベントも強制なのが多くて×。そのたびにロード入るし。二回目以降はイベントスキップ付けて欲しかった
このへん、HDD読み込みとかだともうちょい早かった気もするんだが…どうだろうね

どこかで無双ゲームの発展系とか言ってた人がいたけど…
個人的には次世代じゃないな、グラフィック的にはすごいのかもしれんが、先にGoWとかやってしまったせいで一世代前に見える。キャラクターとか質感とかがね
PS2とかに比べれば十分すごいんだろうが…
ただ遠くまでゾンビがワラワラいるのが見えるってのは次世代機ならでは、かもね
ハード持ってるなら買いなソフトだとは思った
posted by Ming at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360

惨事だけど虹

今更だけど、Xbox360で一番次世代を感じたのは例のごとくアイマスだったりします
一番のインパクトはやはりステージ。3D美少女があれだけ動く!動く!しかも従来のよりも極めてアニメ調にレンタリング!自分の中に3D美少女属性を発見した衝撃は大きかった

昔からイリュージョンとかが頑張ってたことは知ってるし、いくつか手を出したこともあるけど、ピンとこなかった。同じナムコでもゆめりあは見たことあるけど、やはりピンとこなかった
それがアイマスだと、来た。ジャストアピール
PS2とXbox360の表現力の差なのだろうか?

これまで存在は知りながらもスルーしていたアイマスアーケード版をいろいろ調べているんだが、こっちはどうもピンと来ない
自分がスルーしたのは、それがアレゲだったからじゃなく、従来の3D美少女だったからなのかもしれない

グラフィック上の問題というのは意外と大きい
そしてリアル系ではなく、あくまでアニメ的であるというのがポイントか
アニメキャラがトレス的にダンスするというのがハルヒで開拓されていたのも影響してるのか…?

一度道が開かれた以上、今後はアイマスすら旧世代としてしまうようなものが続々と出てくるに違いない
それを心待ちにしているのだ

こどちゃ?ごめん見てない
posted by Ming at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記