2007年01月05日

1/5

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0105/nishikawa.htm


すでに普通のアプリケーションを動かすと言う意味では、十分なCPUパワーとメモリ空間を多くのPCが備えている


これはもっともなことだと思うが、どうせすぐに十分じゃなくなるんじゃねかな
PentiumIII 500MHzのパソコン使ってたとき、Webもメールも音楽もエロゲも完璧に出来て、すげえじゃんもうこれ以上の性能いらないじゃんって思ってたのに、現在そのパソコンで何ができるというのか
DivXどころかDVDすら再生が危ういというのに
どうせすぐ時代が追いつくよ、ブルーレイだのあるし
追いつかなかったらそれはそれでWindowsが落ちぶれるので特定の人が喜ぶ結果になるしな

と思ったけど、あれか、もうだめなのか。もうそんなことPCに期待してないのか、やれやれだ

あと廃スペックパソコンが環境に悪いとか言うヤツは今使ってるPCを投げ捨ててC3でも使ってろ

というか上のコラムただのマカーのぼやきじゃねえか
マックはマックで毎年有料バージョンアップしてる気がするがそこんとこどうなんよ

そんな俺はきっとVistaを買わないんでしょう
ていうか必要ないしな
posted by Ming at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記