2006年12月24日

3800円

クリスマスイブ、日曜に仕事している人に祝福を
バイトだか、社会の歯車としてなくてはならない仕事の人だか、それは区別せず

一人で飲み屋に行ってきた
ああ、この姉ちゃんも彼氏いなくてイブにバイト入ってるんだなぁとか思いながら、同類じゃねえか、とかそんな同情とも共感とも思える感情を抱きながら、ぐだぐだになって帰ってきた

悪くはない、むしろいい気分だ

隣の席はカップルだったけど、ま、それもいいよね
クリスマスイブだもの、ちったあ心も広くなるさ

自分が手にしていないから敬遠するのでなくて、自分が手に入れたいなぁと思うから生きていられる
そんな日なんだろうね

来年こそ、さらに再来年こそ
その気持ちが人を生きさせる

人間ってのはこんな単純なものが結局欲しいんだなぁと、でもそれが一番手に入れるのが難しいんだなぁと

メリークリスマス!
posted by Ming at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

12/24

萌えは終わったな

と言ったのは百万人目です

しかし、高度に発展した萌えというジャンルは最早自沈しているのでないでしょうか
SFが衰退したのは、時代的な原因もあるのだろうけどそれよりも渦中にいる人がより高度に発展的にマニアックなのを求めすぎたせいで新規参入が減ったからなのでは…とかなんとか

ツンデレが云々とか、属性が云々とか、これ知らない人から見れば本当にわけわからないわけで、お約束を学ぶための教典はどこにあるのだろう

という内容をちょっと前に電撃だかメディアワークスのお偉いさんが言っていたようないってなかったような気もするが
それの回答が双恋だったわけで、なんだかなぁとか

それよりもまなびストレートのPVがフタコイっぽかったね
ユーフォーテーブルはもっとバカな萌えアニメを作ればいいのに
それか、もうね、いっそのこと、末期、少女病を映像化して欲しい
萌えなのかセカイなのか、どっちかに傾いて欲しい
posted by Ming at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記