2006年12月30日

ギャラクシーエンジェる〜ん最終回

今のアニメひどかったね

おそらく、だが、ギャラクシーエンジェルというくくりが無ければ、そこまで悪くはなかったのだろう、と思う
が、2と名乗ってしまった以上、しかもシリアスでなくギャグの道を選んでしまった以上、このアニメは…

最終回にもかかわらず人物よりもロボの方に力を入れるスタッフは、本当はGA2のこと嫌いだろと、思いました
美少女ものだけど、異常に美少女以外にクオリティ注ぎ込むバカは結構います。最近じゃいぬかみっの変態とかな
いや、あれはいいんだ。むしろあれがあるからいぬかみっはいい変態アニメだったんだ。あのスタッフはいいバカだ
が、る〜んにロボとかリアルな戦闘はいるでしょうか…俺はいらないと思う

それよりもっとパロディに頼らない展開だとか…いや前GAもパロディばかりだったのだが、上っ面をパクってるのか面白いところをパクってるのかでだいぶ違うというか

スタッフはまじぽかを1万2000回見ろ!
まじぽかの方が百万倍はGAっぽかったわい
posted by Ming at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

12/29

CPU Athlon64 X2 4200+
Memory DDR400 1Gx2(Hynixだったっけな)
M/B ASRock 939Dual-SATA2
VGA GALAXY GF P79GS-Z
HDD WD Raptor 74GB
Sound Creative SBXFIDA
未だ939ではあるが、メインマシンは今年こうなったわけだ
昨年始まった頃はメインメモリ1Gで、マザーはMSI製、ビデオカードはたぶんRadeon9600Proだったはず。サウンドはE-MU 0404だったっけ…
ずいぶん進歩したのはFPS、つーかBF2によるところが大きい
これを快適に動かそうと思ったらいつの間にか…

あと何年戦えるかなぁ
来年にはまたいろいろ変わってるんだろうなぁ

色々最終回迎えてるが…さて
posted by Ming at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月28日

乙女はお姉様に恋してる 最終話

いい最終回だった
という実況フレーズが本当の意味で使われた感じ

エロゲ原作1クールモノとしては、ここ最近では出色の出来だと思うのですよ
同時にやってる、けよりな、ギフト、はぴねす…他なんかあったっけ…kanon?知るかバカ…と比べるまでもなく
キャスト騒動とか、しかしキャストを変更しなければ、スポンサーの意向に添わなければ、こうはならなかったのかもしれない
何かを得るためにはそれ相応の代価が必要となる

じゃあキャストを変更してアレだったアレとかの代価はどこへ消えてしまったんだろうね
ロックガーデンあたり?

貴子さんルートかと思ったらハーレムエンド
この曖昧な決着ながら綺麗にまとまってるのはよかったかと


TSだとか女装少年が流行とは…あぃまぃみぃは速すぎたのか
posted by Ming at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006年12月27日

GF P79GS-Z

ギャラクシーの7900GSDDR3256Mの代物を購入
ワンズにて、25800くらいで売ってるのを見てどうしようかなぁと思って悩んでたら、目の前で店員が値札張り替えを!1000円安く買えました

リファレンスのクロックが450MHzであるのに対し、このカードは540MHzにOCされているという素敵使用。Zalman製のクーラーも付いてて、こりゃ欲しくなるよねって一品。だから買ってる人が結構多いので、マイノリティを突き進みたくなる人間としてはちょっと複雑だ。だが、地雷は踏みたくないのは誰も一緒だ

このビデオカード、オーバーレイ周りに不具合があるらしい。
特にCanopusのキャプチャあたりに…ってうちのもMTV1200HXじゃねえか
なぜか画面が表示されないという事態にぶち当たってしまった

対処方法は案外簡単でメモリクロックをデフォルトから変更すればいいとか
ATiToolとかでいじるといいらしいんだが、これ入れるとなぜか固まってしまったので、今回はRivatunerでクロックをいじってみた
50MHzほどリファレンスからメモリクロック上げてみたところ、オーバーレイ使えるようになった
…なぜデフォルトで使えずにOCして使えるんだ…普通逆じゃね?

まあ、多少の面倒はあるがそれなりにいいカードであるようだ
今まで使ってたASUS V9999/TD/256(GF6800)より、カード長も小さくなってて性能は段違い
技術の進歩ってのは凄いもんだ
posted by Ming at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア

2006年12月25日

12/25

アニメージュあたりにくじアンの監督のインタビューが載っていた
とても真面目な人だということはわかった

何であんなによく動くんだろうなぁと思うんだけど、その努力の向け方が違うといつも感じる

なんというか所詮萌えアニメ、をちゃんと見られるものにするための努力だと思うんだけど、視聴者が望んでるのはクオリティの高いただの萌えアニメ、じゃないのかなぁ
そこに何の思想も展開もいりません。お約束とお約束の積み重ねから生まれる何か、なわけで
…まあ、これはこれで原作?通りなのだろうか、知らんけど

posted by Ming at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アニメ:夜明け前より瑠璃色な 最終回

すごかった
これほど眠気が覚めるような展開が待ちかまえていたとは思いもよらなかった
ある意味、これは今年最高のエンターテイメントだったと言えるだろう

ところで、お笑い芸人ってのは客を笑わせるものであって客に笑われるものじゃないんだよね
このアニメは、普通やらねえだろ!、となんというか、コロンブス的な発想ではあるんだが、その方向があまりにも稚拙すぎて…幼児のようだ
つまるところ、幼児を見て和んでいるようなキモチでこのアニメを鑑賞していたのだろうな…
かわいいなぁという一点を除けばそこに何の価値もないというか

まあ、最終回に撃たれて死ぬのはよくあることです
ナディアだってジャン死んだしな
そして復活するのもよくある話しです
だがその復活のために伏線をよーく貼っておけばならなくて、ガー様もそりゃ塩になるわ!
突然何の脈絡もなしに宇宙人がやってきて謎のロストテクノロジーで復活とかね、あんたは一体なんなんだー!

とまあ、原作ファンでもなんでもないんだけど、原作ファンの心中お察しますというか

おとボクはおとボクで原作ファンの心中は複雑っぽいのだが、あれは今期のエロゲアニメでは出色の出来だと思った次第、貴子さんかわいいしな
カノン?知るかバカ!
posted by Ming at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006年12月24日

3800円

クリスマスイブ、日曜に仕事している人に祝福を
バイトだか、社会の歯車としてなくてはならない仕事の人だか、それは区別せず

一人で飲み屋に行ってきた
ああ、この姉ちゃんも彼氏いなくてイブにバイト入ってるんだなぁとか思いながら、同類じゃねえか、とかそんな同情とも共感とも思える感情を抱きながら、ぐだぐだになって帰ってきた

悪くはない、むしろいい気分だ

隣の席はカップルだったけど、ま、それもいいよね
クリスマスイブだもの、ちったあ心も広くなるさ

自分が手にしていないから敬遠するのでなくて、自分が手に入れたいなぁと思うから生きていられる
そんな日なんだろうね

来年こそ、さらに再来年こそ
その気持ちが人を生きさせる

人間ってのはこんな単純なものが結局欲しいんだなぁと、でもそれが一番手に入れるのが難しいんだなぁと

メリークリスマス!
posted by Ming at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

12/24

萌えは終わったな

と言ったのは百万人目です

しかし、高度に発展した萌えというジャンルは最早自沈しているのでないでしょうか
SFが衰退したのは、時代的な原因もあるのだろうけどそれよりも渦中にいる人がより高度に発展的にマニアックなのを求めすぎたせいで新規参入が減ったからなのでは…とかなんとか

ツンデレが云々とか、属性が云々とか、これ知らない人から見れば本当にわけわからないわけで、お約束を学ぶための教典はどこにあるのだろう

という内容をちょっと前に電撃だかメディアワークスのお偉いさんが言っていたようないってなかったような気もするが
それの回答が双恋だったわけで、なんだかなぁとか

それよりもまなびストレートのPVがフタコイっぽかったね
ユーフォーテーブルはもっとバカな萌えアニメを作ればいいのに
それか、もうね、いっそのこと、末期、少女病を映像化して欲しい
萌えなのかセカイなのか、どっちかに傾いて欲しい
posted by Ming at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月23日

12/23

コードギアス2ndOP「解読不能」
ごめん、ホントに解読不能だったわ

タイアップとか、商売というのはわかります、十分わかります
別にどんどん変えてくれていいんですが、ならばせめていいものをつけてください

最近のアニメで主題歌変更して成功したのあったっけ…

一年物ってイメージが大事だと思うわけで、別にマイメロとかプリキュアみたいな子供番組(なのか?)だから変えないとかそういうものじゃなくて
スキスキスーと聞けばマイメロとか、そういう連想が出来るっていうのがね

1st主題歌が好評なのにねぇ
posted by Ming at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月21日

12/21

小さな事でも書き留めておけばそれなりに後から読み返して面白い物だ

まん延するニセ科学、が流行してるらしい
なんのこっちゃ、ようつべってのは便利な存在だ
科学とは本来曖昧なものを合理的に考えるとか

お天気チャンネル実装、うちにはテレビがないのでディスプレイに表示しているのではっきりいって…
というかインターネット接続のためにUSBコネクタでやってるわけで…

あの帰ってみればイルミネーションが!という体験はできませんでした
というかその話し聴いてアップデートしたわけだしね

アンチVistaサイト
FSFの中の人も大変だな
2cherだかVIPPERだかの何らかの抗議活動と似た痛さを感じるが、実はこうやってイタイと感じてしまう方がダメなのかもしれない
どうも日本人はスルーしてしまうことを大人と考える節があるような
とりあえずなんでも抗議してみよう、訴訟起こそうという考えの人とは相容れないのだが、あちらではむしろそれが正しい大人なのかもしれない
posted by Ming at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月17日

12/17

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861990610/
現代視覚文化研究

ゲームラボだけあってものすごくエッジの利いた内容。エッジが利きすぎて大型掲示板とかに出入りしてる人にとってはかえって新鮮味がないという、かといって一般の人が読んで面白い内容でないという、なんというか内輪ネタで笑える人向け
ツンデレ声優で中田譲治を真っ先に上げてくるあたりが想定の範囲内な人にとっては書いてあることが普通かもしれない
レズ声優相関図とか…みっくすじゅーす同士の距離が遠いなぁとか

しかしネットと出版は時差が厳しいな
オレンジはともかくとして、キャベツとか既に風化の感がある
MUSASHI?何それ食えるの?最早実況にうおっ、まぶし!を残すのみな気がする

絶望先生は相変わらず絶望的だった。カレンダーとか特に絶望
普通に欲しいんですが
ハヤテがアニメ化するのでさらに絶望的ですね
対抗で絶望先生もアニメ化したら…ああ、無理っぽいな
posted by Ming at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月15日

12/14

今期に入って一番聞いてるアニメ主題歌はLove Powerです
この曲ツボにはまったというか、別に歌詞がいいとか、歌ってる人に結婚してくれ!とか言う訳じゃないんだけど、底抜けに明るくてとてもいいなぁと
一日二十回くらい聞いてる気がする
気を張って聞かなくていいし、とにかくアップテンポでノリが良ければOKな俺です
パートごとに歌ってる人が違うのでそこの部分を楽しんだりも出来るし、咲き誇るみたいにーのところの微妙な歌声も慣れたらアクセントみたいに感じてきましたよ


他にもいろいろ買うことは買ったのだが…あまり聞いてない
LovePowerはすごい、Aice5(笑)とか思ってたけど、もういぬかみのEDも欲しくなってきたくらいだ

あれもーこれもーみんなー死んじゃえばいいのよ!

RED GARDEN
内容的には戦う少女たちという、まあ、昨今ありがちなものなんだよね
ただ表現方法が違うというか、よくわからない使命感を抱えてるツンデレ少女でもなければ、どんな運命が待っているんだかもう誰もみてない戦って少女なわけでもない。彼女たちにはあくまで日常があり、日常を犠牲にしながら非日常に身を投じているわけで
ただその日常というものが守るべき物であったのか
ケイトさんは他の人と違って別にその非日常を積極的に受け入れたわけではないが、これまでの日常は本当に流されていただけだったと改めて感じるわけで
だが、非現実にいる今だからこそそれがかけがえのないものであったと気付く
この作品の落としどころはどこになるのかな?

一般的な萌えとは違ったキャラクターデザインで百合ったりしているところに何らかの斬新さを感じているんだろうか?
まあ、とにかくEDのロック!で全てが吹き飛んでしまう感じだ
無駄に完成度が高いよな、あのED
posted by Ming at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

12/14

銀魂見る
ひどいアニメだ!(褒め言葉)
スタッフはマジやり放題だな、本来の視聴者に本当に受け入れられてるのか疑問に思ってきたぞ
こんなやばい話なのに原作通りだと?
普通アニメが原作とかけ離れてとばしてるだけじゃねえの!?

アニメと原作の相性がいいというのは幸せなもんだ
人が食事してるときに脱糞脱糞言うな!

コードギアスも見る
紅蓮二式つえー!
まあ、ランスロット並の厨性能なのだがそれでも素直に受け入れられてしまうのはパイロットが小清水だからか、それとも前回をふまえているからか
毎回思うのだが、先が読めるようで読めないなぁこのアニメ。必ず一話で見せるべきポイントを作ってるし、(つまり伏線に徹する回ってのが無い)引きも絶妙。次回見逃したらヤバイという気にさせてくれる
ルルが奇跡を起こして見せよう!と主張したのは裏番組へのあてつけか。起きないから奇跡って言うんですよ
だが黒の騎士団の連中に背水の陣の覚悟をさせたのは良いことだったな
テロリストなのにどこか逃げ腰だったもんなぁ、いやテロリストってのはヒット&アウェイでそういうものなのかもしれないが、軍隊というのは逃げるわけにはいかないってのかね
対するコーネリアの描写も凄まじいね。女でしかも大将が自ら先陣を切って出る。まあ、リアルで言うと非常にダメな例だがキャラクターの活かし方としてはすごくアリ。ルルは自ら新型機をカレンに譲っちゃうほど指揮官に徹するのと対照的
コーネリアの動きは作画的にも気合い入ってたな、なんかとてつもなく動いてた気がする

とまあ、見所はいっぱいあるわけだが、やはり今回はなんといってもオレンジ辺境伯(元)
ルル様、オレンジ君呼ばわりは酷すぎる
そしてその後新型機に文字通りひでぶされかけるオレンジ卿がかわいそすぎる…
ジェリドとマシュマーを足して二で割ってオレンジをかけたような彼の汚名挽回っぷりは伝説だね、もう

…で本名なんていったっけ?オレンジでいいか
posted by Ming at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月13日

12/13

http://tv.msn.co.jp/column/edomura_index.htm

アニソンっぽいアニソンはオタのものになりました

無いわけじゃないんだけどねぇ…

ロボットアニメつったって、キングゲイナーみたいなのもあるし、ゼーガペインみたいなのもあるわけで
んで両方ともなかなか評価高いわけで

じゃあ昔はアニソンっぽいアニソンばかりだったかというと、いったいどんだけさかのぼればいいんだろうね
posted by Ming at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

12/13

自作ポエムを流していた人だけは議論していいんじゃない?
大多数のユーザーの目的はもちろんアレなわけで、まあ、別に知ったこっちゃないけどな
アングラな世界はいつだって存在してきたし、そこで失敗するのも自己責任だ
ただそれとこれと話は別みたいに言う物じゃないぜ

包丁は人を殺せるが、この場合包丁というよりカラシニコフの方が近い
もともとは自衛のため、あくまでも国防のために作られたらしいが、現実は理想よりも遙かに厳しい
非常に善意の使い方がしにくいものは、包丁じゃないぞ

ただ別にそれが包丁だの何だの言い訳するんじゃなくて、ドスだとかAKだと言ってその通りに使う分には別に文句は言わない、わかってるんだから

だから偽装と分割はしっかりやれと言ってるんだ

ただようつべにしろ、これにせよ、実際の利便性は凄いね
いつか全ての情報にアクセス出来るような時代を先取っているわけでもある
ただそこに対価というものをどう組み合わせるか、それとも対価なんてものが存在しない新たな哲学のもとで社会を作り上げるか、どっちが楽かなぁ
posted by Ming at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月09日

12/9

銀魂の今週分の録画を見てたんだけどさ
何だこのアニメ

たまにスタッフがやる気あるというか、暴走してるというか、とにかく制作してる作品が大好きなんだなぁ感というか、そういうのがひしひしと感じられたというか、いろいろ自重しろ、マジで

しかし、お子様アニメタイムにやるからこそ、このアニメはいいのかもしれんな
下手に深夜に行くと、逆にしらけてしまうのでないだろうか
何事もリミッターはあるべきというか、好き勝手やらせても面白いものが出来る訳じゃないというか、限界ギリギリまでどこまで踏み込めるかという峠バトル的なものがその作品の質を高めるのでないだろうか

このスタッフのことだから〜とか、そういう内輪ネタやめろ!実況民以外受けないから!いや受けるのか!マイメロみたく!

ということで下手すりゃ反逆の谷口以上に反逆してそうですね、サンライズだっけ、これも一応
posted by Ming at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

12/8

どーいーつーもーこーいーつーもーWiiーWiiーうるせえよ

ということでWii買ってきました
今日の夕方梅田ヨドバシでゲリラ売りされてる!という情報をキャッチしてすかさず現地に行ったところ既に終了していて…そりゃ一時間くらいかかったからなぁ
そういや梅田ってソフマップもあったなぁと思って出かけてみれば売り切れの紙切れ。そりゃそうだよなぁと思って店内を去ろうとしたとき店員が、これからWiiの販売を始めます、と言ったわけだ
ほぅ、これがゲリラ販売というやつか。なかなか面白いなぁ、と思いながら、まあ、買ってきました。別に焦る必要もなく、自分が買って店を出る頃でも余裕で整理券配ってました
そこまで求心力がないのか、それともヨドバシの陰に隠れて灯台もと暗しになってるのかは不明
とにかく買ってきたわけだ。25000円払って。

5000円プリペイドカード(クラシックコントローラ付き)とゼルダは既に手に入れていたので即楽しめました
とりあえずVCでマリオを落とす俺、マジありがちな行動を
アトラス参加してるんだから女神転生配信して欲しいのだけどなぁ、マジやりたいんだよね、ファミコンのやつ。ナムコだっけ

ゼルダはさわりだけ
64ゼルダっぽい感じがなかなか好感触
説明書をろくに読まなくてもチュートリアル的序盤のイベントをこなしているだけで覚えられるのはいいね

しかし、リモコンって感度の範囲内で使えばものすごく使いやすいもんだな
これ、うまく使えばPC用HIDにもなるんじゃないかな
リモコンを使ったシミュレーションゲームとかやってみたいもんだね



ていうかさ、PS3やWiiが品切れてんのはわかるよ。出たばっかだしさ
んなことより未だにDSLがどこいっても売り切れてるところにDSの底知れぬ恐ろしさを感じる
何百万台売った?まだ足りないの?
posted by Ming at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月05日

12/5

日本橋のメロンブックスがいつのまにか移転してる
ますますあのへんが寂れるな・・・

いろいろ放映開始前から荒れたり先行不安だったりしてたが、おとぼく結構好きですよ
面白いというより楽しめる、見易い時間にやってくれてるし

だが、もはや女装という設定は形骸だな
もっとね、あぃまぃみぃだとか、舞乙漫画版っぽくやってもらいたかったんだけどね
ていうか舞乙漫画版アニメにしてくれよ!
百合ものつったって、ストパニの壁が案外厚くて高いことに気付かされるのですよ

まあ、それはおいといて、わりとベタで楽しんでます
主題歌も気に入りました。一部微妙なパートがありますが

世の中にはBF2の微妙なクランがあるものですね
ネタかと思いましたが、本気らしいです。怖いですね
スナイパーの極意がクレイモアだとかメディックはたとえ戦車やAPCの前で死んでようが蘇生しろだとか、そんなことをわりと本気で言ってるようです

前者は確かにクレイモア強いけど、ちゃんと索敵してくれ、頼むから。そっちが本業だろうに。敵のスナイパーとかやっつけてくれ
旗下にクレイモア仕掛ける?まあ、味方が踏むね。MINES FF OFFだけで使ってね
後者は時間の無駄になるからやめてくれ。蘇生の次の瞬間に殺される身にもなってみろ。リスポン時間再カウントになるしな
自分がハンビーとか戦車乗ってるときにそういう連中みるといいカモにしか見えないだろう
posted by Ming at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月03日

12/2

Wiiの抽選販売に落選しました
まあ、金ないのでちょうどいいとも言える

京四郎と永遠の空とかいうアニメが来春始まるらしいんだけどさ
どう考えても、これ、実況が


[;´Д`]<千歌音ちゃんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


でうまるよね
posted by Ming at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記