2006年11月30日

11/30

缶ビールはそのまま飲むよりもグラスについで飲んだ方が5倍旨い
金属である缶と何らかの電気的作用でも起こして舌が麻痺しているためかどうかはわからないが、ガラスのグラスにつぐと不思議といろんな味が増している気がする
何より泡が楽しめる、ってんが大きいな

嫌なことばかりの一日でもなんかよく眠れる気がする

今日できることは明日でも出来る
posted by Ming at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

11/30

何かを好きになると言うことは自分の中にある欠落を埋める行為なのだ


自転車に乗ってるとき哲学的悟りを開いた境地に至った
その興奮をおさえきれないままコンビニに入り、買い物を終えてドアをくぐったころにはすっかりそのことを忘れていた
あらためて思い出すとなんだかどうでもいいことであり、そんなことに夢中になっていた自分がなんだか恥ずかしかった

誰かがエッセイに書いていたことだけど、その人は自分の思いついたことをかたっぱしから手帳に書いていく癖があったらしい
とにかくなんでもかんでも、ね
で、数日経って見返すんだって。そのときにはすごい考えだと思っていたことはたいていどうでもいいくだらないことってことばかりなんだって

夜書いた手紙は朝読み直した方がいいというわけだ
posted by Ming at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月27日

11/27

まあ、段階を踏んで、ってのもいいけど、インスタントなのも悪くはない
成文化されたお約束のみで構成されてるというのもキャッキャウフフには欠かせないポイントではある

ということでストパニ(ゲーム)買ってきた。今頃
初回版じゃないけどな。2000円以上高く売ってたので安い方を買ってきただけだが
どうせドラマCD聞かないだろうしね

このゲームはとにかくいろんなものをすっとばしている。過程というやつをだ
いきなりモテモテ。これまでもてなかった君もびっくりだ、ってくらい全員から突然一方的に好かれるという超展開
何これ?ドッキリ?誰かに騙されてますか?と思う間もないラブラブ攻勢。はて、この丘は変態の隔離場所だったろうかと

とにかくそういう不自然な部分が全く気にならない人には悪くないと
むしろ過程なんてすっとばしてひたすらキャッキャウフフしてればいいんだよ、切ないイベントかんけねー鬱な展開かんけねーというロックな人にはちょうどいいですね
どこだかの妄想スクリプトみたいなイベントが続きます
アニメ版とだいぶキャラ違いますね。エロワール様とか、いいお姉さんじゃないか。この人はもっとカリカリしてるイメージがあったのだけどね
蕾ってこんなキャラだっけ…

しかしアニメから入ったほとんどの人にとっての障壁は玉青ちゃんなのでしょう。声が清水愛じゃなくて沢城みゆきだからね
即慣れたけど。うむ、この玉青ちゃんはみゆきちだな
アニメ版を超えた変態だけどな、玉青ちゃん。だがそれがいい


レッドガーデンのOPとED
まったく本編と合ってない両者だがこれはこれで様式美だと思い出した昨今
過剰なまでにオサレなシルエットとコラージュな映像が続くOP。これはこれで完成度が高いと思うのですよ
そしてロック!なED。本編の穏やかな雰囲気が台無し!とはいえこらまた無駄なまでに凝った映像
慣れただけだろうけど、EDが来ると無駄に高揚してくるくらいになった。ある意味カーテンコールというか、最後に盛り上がろうぜ!的な意味合いなのかもしれない。
posted by Ming at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

11/27

そりゃ誰もが京アニみたいに出来たらいいなと思ってるだろうよ

今しばらくの時間と予算をいただければ…
弁解は罪悪と知りたまえ!

だと思うよ
どこも時間と予算をかければそれなりのものはできると思う
まあ、時間も予算も莫大にあるからいいものが出来るとは限らないけどね、大作映画みたいに。ともかく外見的なクオリティは上がるだろうけれど

時をかける少女もストロベリーパニックも赤ずきんもマッドハウスなわけだ

別に京アニが恵まれているとか、他がそうでないとも思わないけれど、
ここまで単独でネームバリューあるのだからそろそろオリジナル作品やってほしいけどねぇ、MUNTO?何それ

あと減らせばいいってもんじゃねえぜ
名作が出てくる確率は全体量の一定の%以下だと思う。全体の量の大きさにかかわらずな
バカみたいにたくさん作るから面白いのがその中に混じっているのであって、
少数だけ出したからといって、どれも名作になるわけないだろって

posted by Ming at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

RED GARDEN 8話 「行きて愛せ」

このアニメのおもしろさは、立場も事情も性格もまるで違う女の子たちが、一つの事件をきっかけに、迷いながら悔やみながら交流し合うところにあると思うのですよ
まさにあなたと私は友達じゃないけどあなたの友達は私の友達、というだいたいそんな感じな関係であったのが、運命のいたずらによって一つのチームとして動くことを強制される
よく知らない他人と連帯責任負わされる不自然さだとか、先行きの不透明さだとか、でこのままやっていけるのか?と、これまで個々人の心情や、不安な心ゆえ衝突を描いてきたわけ
だけど、いろんなものを乗り越えて、今回彼女たちはようやくひとつになれた
もちろんまだ不安ではあるが、とにかく仲間と呼び合える存在にお互いなれたと言えるだろうな

毎度の歌シーン、今までと違って希望に満ちてたしな
これはちょっと感動しちゃったぜ

次回から急展開、また落とされるのだろうか。今回持ち上げたわけだし
友情パワーで打開して欲しいなぁ
posted by Ming at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006年11月26日

11/26

EACがずれてたんだってさ

自分はCD2WAV32→CDex。どーせmp3とかにしちゃうんだし、ヘタレ耳だしということでわざわざそこまで忠実に正確なリッピングなんて必要ないよねと思っていた
自分の人生でEACを使ったのは昔使ってたPCでファッキンなCCCDをリッピングしようとしたときだけだ。CCCDほど無駄なものはないと今でも思う。だって、今使ってるPCでは普通にWMPだろうがiTunesだろうがリッピングできてしまうのだから。
そんな極端なドライブ依存な技術を平気で採用してくる会社はおかしいなぁと

とにかくEACはずれていたが、ずれていてこれまで困った人がいなかったということがすごい。誰も今まで気付かなかったのか
まあ、考えようによっちゃ人間そんな細かいことにこだわってもしょうがないし、実際ほとんど無害だってことのいい証明なのかもしれない


CD、といえば、自分はCDを割と買う方だと思う。まあ、アニメ主題歌とかがほとんどなのだけれどね、ご多分に漏れず
ただCDというメディアを直接触るのは、シュリンクを開封してPCのドライブに放り込む一回のみだけだなぁと、改めて思ったわけだ
もう何年も前から自分はPC上で曲を聴いている
曲の管理も容易だし、プレイリストも思いのままだ
CDは買うけど、CD自体はほとんど使わない。必要なのはCDに記録されてる情報だけだ
…こうなるともはや何のためにCDを買うのだろうと。ダウンロード販売で十分なんじゃないかとも思うのだけれど、やはりなんだか敷居が高く感じてしまう
iTMSで少しは楽になるかもしれないとも思ったけど、俺iPod持ってないしな
WMAはあまり好きじゃないし、だいたい著作権管理された曲データを持つのは好きじゃない
自分で自分の好きな形式に変換できればいいのに
posted by Ming at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月25日

11/25

しかし銀魂の反逆っぷりには頭が下がる思いだ
今やってるGAるーんに足りないのはこのセンスだと思うんだよね
パロディ、既存の創作のパロを小ネタにするってのは意外と難しい
下手に入れると、はいはいおもしろいですねー、ってだけで終わっちゃう

GAるーんスタッフにリトルアインシュタインのパロディをやる覚悟があるか!トントンなんて実況民以外の誰に受けると思ってやがる!だがそれをやる!そこにパロディの奥深さがある!と思うんだ

スタッフが悪のりで自慰的に楽しんでいるってのもある
が、お前らならこのノリがわかるだろ?って問われてるなら、ああ!って指立ててやらなきゃいけないだろ

と、るーん見ながら思ってた
まあ、美少女アニメとしては普通だよね
posted by Ming at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

11/25

しかしマンガってのはすごいね
偉大な文化だ

だけどこれはある時代サブカルチャーだったらしいよ、若者のね
若者の、若者による、若者のための、それがマンガ
まぁ、その若者がいまやおっさん、っつーか定年に近いわけで
そりゃ社会のみんながマンガ読むわな、日本は凄いね

若者論の本を本屋で見つけたので立ち読んでみたのだが、何のことはない
若者論と言い放っただけで、著者の若い頃の思い出話がたくさん載ってるだけのたいへんステキな本でした
はいはい、あなたの時代は良かったね、今の時代は実に腐敗と自由と暴力のまっただ中ですね

その著者がマンガってのは若者のものだったんだぜ!って書いてたんだけどね
現代に生きる俺としては、はいそうですか、としか言いようが無くて

ったく早く生まれた人間は思い出を語ることが人間的に偉いと思っている
リアルタイムの体験というものは何よりも価値があると思っている

今だとゲーム機だね
初代ゲームボーイだとかファミコンを知っている人間と、知識でしか知らない人間とでは雲泥の差がある、とか思っちゃう人がいる
これは早く生まれた人間の特権とでも思った方がいいのかねぇ
そして人間は年取っていく
posted by Ming at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

11/25

何かが変わったとき、すげぇ!新しくなった!と思うより先に前の方が良かったと思い出すと人間もう年取っているのかもしれない

録画のためのiEPG、テレビ王国を利用してるのだけれど先日リニューアルしたらしくて
何故かVHFとUHFのページをわけてるの
サンテレビとテレビ大阪が違うページなの
今までは例えば大阪、って地域設定したら映りそうな局は軒並みリストアップしてくれたものだけれど、同じページにね
リニューアルして、確かに、見栄えは良くなった。原色で色分けされたラテ欄が、柔らかい色彩に変更されてた
でも改悪だよなぁって真っ先に思っちゃった俺は、うん、年取ったのかもしれない


コミックレンタルってのが流行しているらしい、いや知らないけど
わざわざマンガをレンタルしてでも読みたい人がいるのだろうか、いるらしい
マンガ喫茶でも行けばいいと思うのだが、一冊80円出してでも借りたい人はいるらしい。不思議な物だ
貸本屋ってのは絶滅したと思ってた
でも、なんか回り回って時代が帰ってきたのかね
社会に生きてる人がそれこそ昭和になっちゃったのかもしれない。階層的な意味で
posted by Ming at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月24日

11/24

今の世の中は春秋戦国並の動乱の時代らしい
国際情勢から経済まで様々なんだけど
どうやら自分は悩める時代に生まれついてしまったらしい、もっとも、人類史上悩めない時代に生まれた人間がいたことの方が疑わしいが

競争に参加できない落伍者は、山に籠もって畑でも耕していたい気分なのだが、それすら今の世の中じゃ道楽になってしまう
自給自足の隠遁生活なんて贅沢中の贅沢だぜー老子もびっくりだ

そんなことはどうでもいい
銀魂スタッフは怖い物知らずだ
天下のアメリカネズミに喧嘩売ってるのか
というかあんなネタ前番組から見続けてないとわからないよね…ある意味実況民向けなのか
posted by Ming at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

11/24

コードギアスを観る
毎週楽しみにしてる俺がいる

相変わらずスタッフは踏み込むところと踏み入れてはいけないところをよくわかってる気がする
ただスタッフと視聴者の間にプロトコルが入りそうだという点、セルフツッコミがあるという点ではオタアニメなのだな
だから深夜向けと言えるだろう…でもやっぱろ土六の方が受けがいいと思うんだ。派手だし、華がある
妖奇士は面白いと思うけど、やっぱ地味だからこれはこれで深夜向きかなあって思うんだよね

しっかし、コードギアスは勢い重視だね、テンポが非常にいい
どこからアジトを用意したのか、なんでユフィが人質にいるのかとか
ご都合主義っつーか、その方が面白いでしょ!?ってスタンスだよね。下手にぐだぐだ説明するよりいいよね!?視聴者ならわかるよね!?的なものを感じる
あくまで矛盾無く緻密にストーリーを組み立てるわけではない、だが、どこを削りどこを表現するか、それによってどんな効果が生まれるか、それも計算ではある
まあ、細かいことは考えるな。そういうのは悪い癖だ、って


来週は総集編、っぽいが、さて、どうなるか
このスタッフのことだからなんだか不思議なことをしそうな気もするし

撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ
って決め台詞がまたでたねー、気に入ってるのねルル様
posted by Ming at 03:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年11月20日

11/20(2)

対岸の火事どころか地球の裏側の火事を気にする必要があるのかどうか

ナチスに攻撃された神父だか誰かの話
ナチスが共産主義者を攻撃したとき〜で始まるヤツ

対岸の火事であるうちに消化しておくべきことなのかもしれない
でもやっぱどうでもいいわな

ITMedia = SOFTBANK = ネットランナー = ??
AA連合ねぇ…どうでもいい気がする
世の中には知らない世界で知らない戦いをしている人がいる。端から見るととてもバカらしく無益にしか見えないのだが、いつか自分の世界を浸食するのかもしれないのだとすれば、彼らは防波堤か
昔はテキストサイトだかニュースサイトはこうも営利的じゃなかったような…ま、あくまで個人的実感にすぎないけど
でも、いつからこうなってしまったのか
Web2.0?ロングテール?底辺を救う自由か、それとも底辺からの支配か


どうでもいいけど、マルチン・ニーメラーって人の詩らしいけど、出展は赤いみたい
共産党はいたってどうでもいいが、北朝鮮の拉致疑惑が露呈した後、ポストに入ってた赤旗の号外だか何かに、「うちの党、北朝鮮の共産党と全然関係ないっすよ。むしろ社会党の方がいろいろやってたみたいよー」って書いてたのを見て、ああこの程度の党なんだな、ってだけは思った
言い訳がましいのはよい政治家かもしれないけど
posted by Ming at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

11/20

RED GARDENは
もう
誰も
見て
ない
のだろうか
エンジンかかるのがものすごく遅くて、いまだかかってない気さえするのだが、面白いとは思うんだ
割とぐだぐだと悩んで悩んで悩んで悩んでいるところかな。少しずつ謎が浮かび上がってきたし
トライネットとは思えない作風だなぁと。これがGONZO×トライネットの力か

73年のピンボールを読む。79年だったっけ?とにかく村上春樹のヤツだ
何年に誰が何を歌って〜ってくだりがやたら出てくるんだけど、村上春樹にはよくあることなんだけど、よくそんなこと覚えているな、と
音楽が好きな人には常識なのかもしれないが、自分はあのヒット曲が何年の曲だって覚えてないぜ
テレビの懐メロ特集を見て、え、そんな昔だったっけ、とか思っちゃうもの
音楽に限らず、アニメだってあまり覚えてないなと。ヤミと帽子と本の旅人って03年だったっけ、04年だったっけ

で、このピンボールなんだけど、主人公の元に突然双子の女の子が転がり込んでくる
そこに何かの理由があるのか無いのか、叙情的にも形而上的にもとにかくエロゲ的な意味合いでの同棲生活と考えるのが一番近そうだ
フタコイ・オルタナティブのシナリオ書いた金月龍之介は、村上春樹好きな人だったはず。末期、少女病のプレストーリーからして文体意識しまくってたしな
この話が元ネタっつーか、意識にちったああったんだろうなぁと、まぁ気付いた人は一年以上前にとっくに気付いてたんだろけど
あれは全体を通して見ると、一話みたいなのがむしろ邪道だと思っていたので、やっぱ村上春樹的な話なのかね
敗因はどっちつかずだったことだと思う。やるならやる、やらないならやらない。徹底すべきだったなぁと
コヨーテは…やるべき方向を間違ったのかなぁと。素直にマルチアーノキルタイムショーにしておけば…
posted by Ming at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月18日

11/18

ギャラクシーエンジェる〜ん、いい最終回だった!
ランファさんにヴァニラさんにフォルテさんにミントさんにミルフィーユ、どれも懐かしくね
幸せな気分になったよ
posted by Ming at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月17日

11/17(2)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061117-00000002-inet-inet
そういえば前にも同じ名前のブログやってたけど、数ヶ月放置してたのを思い出した
というか、プロバイダ乗り換えたのに、解約するの忘れてたんだけどね
プロバイダの機能のブログだったからねー
で、思い出して解約してみたら一瞬で消えた
バックアップ?何それ

当時リンクして頂いていた数少ないところには申し訳ないなーと
まあ、今はただの後から読み返してもだえるための黒歴史日記に

でも、そういうのでも誰かの役に立つかもしれない
ほとんど役に立たないだろうけどね
posted by Ming at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

10/17

メイド物って本当に多種多様だよね
本格派英国ものからメイドカフェまで。でも結構萌え萌え(笑)でエロエロ(笑)なものが多いじゃない。いや、そゆのキライじゃないが流石に食傷気味で、ここらで変化球が欲しいな、と常々思っていて
でも、いくらなんでも最近でたきづきあきらの「メイド諸君!」はね、メイドカフェの話なのになんでこんなに胃が痛くならなくちゃいけないのかと。この人はもっと萌え萌えした話にすればいいのにねー、ってそれがこの人の作風つうのはわかってるんだけどな

で、今日Dear Emilyってのを読んだ。帯には「メイドさんって、いつもメイド服なんですか?」
ジャケットは、本格派に見えなくもないがたぶんライトな感じだろうなぁと、でもあれ並に御主人やら先輩との間できりきりする話だと嫌だなぁ、とか思いながら読み始めた。
孤児のエミリーが孤児院を出て、ある家にメイドとして仕えにいくお話らしい
主人公のエミリーが純粋すぎて、ああ、いつ不幸になるのか不幸になるのかとハラハラしながらページをめくってると終わってしまった
一応社会の厳しさ的な描写もあるのだけれど、基本的にこの世界の人間はいい人ばかりという設定らしい。頑固なジジイも厳しい先輩もな
純粋な主人公に感化されてみんながほのぼのさせられるというわけだ
全体として優しく柔らかい雰囲気。こういう視点のメイドものは無かったような。意外なところで拾い物をした感じ

で、amazonのレビューを見てみると…やはりあったかARIAの文字
読んでる最中に頭の中に浮かびまくっていた言葉なだけあって、みんな同じこと考えてるんだなーって。自分の感覚はかなり一般的で安心した
posted by Ming at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月16日

10/16

リヴィエラジオ始まってるよね
正直こんな微妙なマイナーなゲーム(しかもリメイクのリメイク)のラジオをやってどうする気なのか。相変わらずスティングは斜め上だぜーフゥーハハァァー

ああ、次はユグドラジオだ…とは誰もが考えることだよね
寄らば斬りますのコーナー!
○○っていうのはどうかなコーナー!

というかYZはいつ出るのかね…DSかな、DSだといいな
posted by Ming at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月12日

11/12

Wii体験会いっての感想が「世界樹の迷宮って面白そうだね」だった俺はPS3の方が向いてるかもしれない

ボクシングやったんだけど、どうも思うように動いてる感じがしなくてねー
リモコンに慣れないのか、相性が良くないのか
一緒に行った連中の感想は上々だったし、他の人はうまくやってたみたいだし、もうちょっとやりこむとまた違ってくるかも

しかし、待った
5分体験するために70分や80分も待つんだもんな
ゲームはやるものであって、待つものじゃねえな

ただそのくらい活気があったということだな。老若男女というか、いろんな世代の人がいたのが印象的
DSの力を感じた…子供やコアな連中以外に今回の体験会がうまく訴えられればいいね…

ゼルダは圧倒的人気だったね、即4時間だか5時間待ちだとか

で、世界樹の迷宮はいい感じですよ
二列あってねー、左はNEWGAME、右はLOADGAMEからプレイさせられるの
まあ、NEWつっても、できることはキャラメイキングだけだがな。職業と、名前をつけるって作業ができる。案外ネタな名前付ける人がいなくて残念だ。ああああとかには愛が無いのですよ!

3Dダンジョン系は久々にやるなぁ、と。具体的には女神転生2以来くらい
序盤の序盤だというのに敵が死ぬほど強いね。体験してる人、ばりばり全滅してたよ
前衛キャラでも、二回食らうと瀕死になる。三匹出てきたら下手すると一ターンで一キャラ死亡
そのくらいの難易度のようだね。うん、やりごたえありそう
はやくでろー
posted by Ming at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

11/11

PS3の発売日にはコミケスタッフを投入すればよかったよね。というか、あのレベルで一応怪我人だの、目立ったヤバゲなことが無いというお祭りもすごいよね(見えてない部分ももちろんあるだろうけど)

つーことで、お祭り好きだねー日本人
転売屋乙だねー
物売るってレベルじゃないよねー

そんなことより明日大阪でWii体験会があるから行ってくるぜ
起きられたら!

一応他人を誘ってる手前、俺が寝過ごすわけにはいかないのだが…
開場直前に着こうと思ってるのだが、これは甘いかね
コミケなら始発くらい気合い入れたけどさ…いや、マジしんどかった
そこまでひどくないよね?
ゼルダ以外ならそれほど頑張らなくていいよね…ゼルダの展示数増やしてたらいいんだけどなー
しかし、やっぱゼルダすげえね
posted by Ming at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月11日

11/11

雨が降っている
梅田ヨドバシに並んでいる人は大変だろうな

実際大変らしいが

転売屋乙であります

12日がWii体験会だということをすっかり忘れていた
クラブニンテンドーからメールきててやっと思い出したよ
どうしよう、行こうか


作り手の送信している電波を違ったチャンネルで受信してる人がいるなぁと
まぁどこが本当の周波数なんだかわかったもんじゃないんだがね
でも、多くの人が受信してるあたりがたぶん正しいと思う、こう正規分布めいた感じの曲線になってると思うんだ
端の方が真である可能性は無いこともないのだが、やはり明らかに違った周波数帯で受信して歪んだ見方をしているなぁという人はたまにいる

割り切れよ、でないと死ぬぜ
posted by Ming at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記